PayPay(ペイペイ)は公共料金の請求書の支払いをコンビニでできるの?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPay(ペイペイ)を使って公共料金の支払いができるのかについて解説します。

PayPayで公共料金を支払えるのか気になってた…。

と疑問に思っていた方の悩みを解決するので、是非最後まで読み進めてみてください!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

目次

    PayPay(ペイペイ)で公共料金の支払いはできる?

    「PayPayって公共料金の支払いはできるの…?」

    と疑問に思う方も多いかと思いますが、2019年9月2日より、PayPayを使って公共料金での支払いが可能となる「PayPay請求書払い」の提供が開始されました!

    家にいたまま24時間支払い可能 公共料金や税金の支払いは PayPay請求書払いで!

    PayPayで公共料金の請求書に記載されているバーコードを読み取るだけで、「24時間いつでもどこでも」支払いを完了させられます。

    これまで公共料金の支払いをコンビニで行なっていた方にとっては朗報でしょう。

    PayPayを使えば、公共料金の請求書(払込票)をコンビニに持参して支払っていたようなプロセスを省き、家からでもキャッシュレスで請求書の支払いできます。

    PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

    PayPay(ペイペイ)で公共料金の支払いができる請求書は?

    2019年12月現在、PayPayで公共料金の支払いができる請求書は以下の通りです。(※2020年4月更新)

    【電気】
    東京電力 関西電力 中国電力
    九州電力 沖縄電力
    【ガス】
    東京ガス 広島ガス 北海道ガス
    大阪ガス 京葉ガス
    【水道】
    東京水道局 さいたま市水道局 堺市上下水道局
    岡山市水道局 北九州市上下水道局 熊本市上下水道局

    他にもPayPayで支払い可能な公共料金はたくさんあり

    そして9月30日以降、「Yahoo!マネー」で支払いが可能だった約300にも及ぶ地方公共団体や事業者の公共料金における支払いにも対応されるようになりました。

    出典:Yahoo!ウォレット

    各都道府県における住民税や固定資産税、国民健康保険税から自動車税まで、そのほとんどにPayPayが対応されています。(※一部対象外の地域もあります。)

    なお、PayPayで支払い可能な事業者はコチラから確認できるので、あなたの住んでいる市町村で対応されているか、チェックしておいてください。

    出典:Yahoo!ウォレット

    「あれ、支払いしたい地域でPayPayが対応されてない…。」

    と悩む方は、PayPayで利用したい請求書をリクエストしてみましょう!

    上記のようなフォーマットから、自身の利用したい請求書の業種や地域などを選択してリクエストできるので、どうしても請求書をPayPayで支払っっていきたい方は試してみてください!

    ▶︎PayPayで利用したい請求書をリクエストしたい方はこちら!

    PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

    PayPay(ペイペイ)で公共料金の支払いをすれば0.5%のポイント還元もある!

    さらに、PayPayを公共料金の支払いに利用すれば、支払い額の0.5%がPayPayボーナスとして付与されます。

    PayPayボーナスとは?
    PayPayの特典やキャンペーンの適用に伴い付与されるPayPay残高のこと。
    既にチャージしているPayPay残高と併用して利用することが可能。
    しかし、PayPay残高を送る機能やわりかん機能では使えないので注意。

    これが現金支払いだと一切還元はありませんが、PayPayを使うだけで毎月の公共料金が「0.5%OFF」になると考えれば、かなりお得に活用できるのでは無いでしょうか。

    なお、請求書の支払いにおけるPayPayボーナスの付与上限は1回あたり2,500円相当まで、1ヶ月あたりだと30,000円までとされているので、一回あたり50万円、1ヶ月あたり600万円までの支払い分で還元を受けられます。

    PayPay(ペイペイ)で支払えばポイント還元率が最大1.5%!

    2020年4月1日開始 PayPay決済でおトク! PayPay STEP

    PayPayは、その支払いに「PayPay残高」またはヤフーカードを使えば最大1.5%が還元されます。

    以前は支払い基準を満たせば常時誰でも1.5%が還元されていましたが、2020年4月1日以降「PayPayステップ」と呼ばれる新しい還元制度に沿ってポイント還元率が決められるようになりました。

    具体的には、100円以上の決済回数が50回以上で「+0.5%」、そして利用金額が月に10万円以上で「+0.5%」が上乗せされます。

    ※Yahoo!JAPANの対象サービスで支払った場合は基本の還元分が1%なので最大2.0%となる。

    PayPayはヤフーカードと組み合わせるのがおすすめ!

    ヤフーカードならPayPay残高チャージができる! 年会費永年無料 最短2分で審査完了

    あなたがPayPayで少しでも高いポイント還元率を維持しながら決済していきたいのであれば、ヤフーカードを使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。

    ヤフーカードは唯一PayPay残高へチャージが可能なクレジットカードなので、PayPay残高へチャージして最大1.5%のポイント還元を受けられる上、お得なキャンペーンにも参加できるようになります。

    PayPayでとにかく高いポイント還元率を維持したい…。

    と考える方は、PayPayにヤフーカードを登録してみましょう。

    銀行口座でPayPay残高に登録するならジャパンネット銀行がおすすめ!

    3万円以上の入金・出金なら いつでも何回でも0円

    「PayPay残高」で支払いたい場合、ヤフーカード以外にも銀行口座を登録するという方法があります。

    そこで!

    PayPayに銀行口座を登録するなら、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”な「ジャパンネット銀行」がおすすめです。

    ジャパンネット銀行は毎月初月の1回は入出金共に手数料0円ですが、2回目以降も3万円以上の入出金ならいつでも何回でも無料です。

    なので、ある程度まとまった入出金をしていれば、コンビニのATMでも24時間手数料無料で便利に使っていけます!

    なお、ジャパンネット銀行はPayPay以外にもLINE Payやメルペイへのチャージにも対応しているので、複数のスマホ決済を活用している方であれば、そのチャージはジャパンネット銀行一つで一元管理もできちゃいます!

    なのでこの機会に是非、お得で便利なネットバンクのジャパンネット銀行で口座開設してみてください。

    もちろん発行手数料は無料で、最短5日でカードが届きます!

     

    ジャパンネット銀行の概要

    年会費
    • 永年無料
    提携ATM
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • ローソン銀行ATM
    • コンビニATM net
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行
    ATM入出金手数料
    • ただし毎月1回目が0円
    • 2回目以降も3万円以上なら入出金が何度でも0円
    • 3万円未満の場合は165円(※ゆうちょ銀行は330円)
    開催中キャンペーン
    • 新規口座開設で現金500円プレゼント
    • Visaデビットを3回以上利用でもれなく1,000円キャッシュバック
    登録可能なスマホ決済サービス
    • PayPay
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Google Pay
    • pring

    PayPay(ペイペイ)で公共料金の支払いをする方法

    PayPayで公共料金を支払う方法ですが、まずはPayPayをインストールし、アプリのホーム画面にある「スキャン」をタップしてください。

    スキャンの画面から公共料金の払込票にあるバーコードを読み取り、支払金額を確認してタップしましょう。

    これで公共料金の納付が完了します。

    LINE Payでも公共料金における請求書の支払いが可能

    なお、LINEでスマホ決済が可能な「LINE Pay」でも、公共料金の支払いが可能な「LINE Pay 請求書支払い」を行えます。

    LINE Payの請求書支払いでは、PayPayでまだ対応されていない関西電力や東北電力などに対応しています。

    出典:Yahoo!ウォレット

    ▶︎LINE Payの使い方に関する詳細はこちら!

    PayPay(ペイペイ)なら割り勘や個人間での送金も可能!

    なお、PayPayは友人と行く飲み会の割り勘を行うことも可能です。

    PayPayを使えば、飲み会の代金を割り勘で一人ずつ均等に支払いできるという嬉しい機能がついており、それ以外にも個人間でのお金のやり取りが可能となっています。

    なので、気になる方はそちらも合わせて使ってみてください!

    ▶︎PayPayの割り勘機能の詳細はこちら!

    まとめ:PayPay(ペイペイ)を使ってお得に公共料金の支払いをしよう!

    PayPayの公共料金の支払いに関するまとめ

    • 2019年9月よりPayPay残高で公共料金を支払うことが可能に
    • PayPayで公共料金の支払いをすれば0.5%が還元される
    • 今後PayPayに対応する公共料金の支払いは増えていく予定とされている

    以上がPayPayにおける公共料金の支払いについてでしたが、現在公共料金の支払いをコンビニや現金などで支払いしている方は、その支払いをPayPayでやっていくことをおすすめします。

    PayPayなら請求書を読み取っていつでもどこでも「キャッシュレス」で支払いできる上、0.5%のポイント還元まで付いてきます。

    あなたも、是非PayPayで公共料金の支払いを実践してみてください!

    なお、あなたが銀行口座を使ってPayPay残高へチャージしたいとお考えなら、3万円以上の入出金ならATM手数料が“いつでも無料”な「ジャパンネット銀行」がおすすめです。

    3万円以上の入金・出金なら いつでも何回でも0円

    ジャパンネット銀行はPayPay以外にもメルペイやLINE Payでのチャージで使えるので、口座開設しておいて損はありません。

    是非ネット銀行を活用してスマホ決済を有効活用してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス