PayPay(ペイペイ)は公共料金の請求書の支払いをコンビニでできるの?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPay(ペイペイ)を使って公共料金の支払いができるのかについて解説します。

「PayPayで公共料金を支払えるのか気になってた…。」

と疑問に思っていた方の悩みを解決するので、是非最後まで読み進めてみてください!


※PayPayを使うならポイントの二重取りが可能なヤフーカードがイチバンお得!!

Yahoo! JAPANカードキャンペーン Yahoo! JAPANカードキャンペーン

PayPay(ペイペイ)で公共料金の支払いはできる?

「PayPayって公共料金の支払いはできるの…?」

と疑問に思う方も多いかと思いますが、2019年9月2日より、PayPayを使って公共料金での支払いが可能となる「PayPay請求書払い」の提供が開始されました!

PayPayで公共料金の請求書に記載されているバーコードを読み取るだけで、「24時間いつでもどこでも」支払いを完了させられます。

これまで公共料金の支払いをコンビニで行なっていた方にとっては朗報でしょう。

PayPayを使えば、公共料金の請求書(払込票)をコンビニに持参して支払っていたようなプロセスを省き、家からでもキャッシュレスで請求書の支払いできます。

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPay(ペイペイ)で公共料金の支払いができる請求書は?

2019年12月現在、PayPayで公共料金の支払いができる請求書は以下の通りです。

電気

  • 東京電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 九州電力

ガス

  • 東京ガス
  • 広島ガス
  • 北海道ガス
  • 大阪ガス

水道

  • 東京都水道局
  • さいたま市水道局

そして9月30日以降、「Yahoo!マネー」で支払いが可能だった約300にも及ぶ地方公共団体や事業者の公共料金における支払いにも対応されるようになりました。

出典:Yahoo!ウォレット

各都道府県における住民税や固定資産税、国民健康保険税から自動車税まで、そのほとんどにPayPayが対応されています。(※一部対象外の地域もあります。)

なお、PayPayで支払い可能な事業者はコチラから確認できるので、あなたの住んでいる市町村で対応されているか、チェックしておいてください。

出典:Yahoo!ウォレット

「あれ、支払いしたい地域でPayPayが対応されてない…。」

と悩む方は、PayPayで利用したい請求書をリクエストしてみましょう!

上記のようなフォーマットから、自身の利用したい請求書の業種や地域などを選択してリクエストできるので、どうしても請求書をPayPayで支払っっていきたい方は試してみてください!

▶︎PayPayで利用したい請求書をリクエストしたい方はこちら!

PayPayならオトクなキャンペーンが盛り沢山 最大20%還元も

PayPay(ペイペイ)で公共料金の支払いをすれば0.5%のポイント還元もある!

さらに、PayPayを公共料金の支払いに利用すれば、支払い額の0.5%がPayPayボーナスとして付与されます。

PayPayボーナスとは?
PayPayの特典やキャンペーンの適用に伴い付与されるPayPay残高のこと。
既にチャージしているPayPay残高と併用して利用することが可能。
しかし、PayPay残高を送る機能やわりかん機能では使えないので注意。

これが現金支払いだと一切還元はありませんが、PayPayを使うだけで毎月の公共料金が「0.5%OFF」になると考えれば、かなりお得に活用できるのでは無いでしょうか。

なお、請求書の支払いにおけるPayPayボーナスの付与上限は1回あたり2,500円相当まで、1ヶ月あたりだと30,000円までとされているので、一回あたり50万円、1ヶ月あたり600万円までの支払い分で還元を受けられます。

PayPay(ペイペイ)で支払えばポイント還元率が常時1.5%!

PayPayは支払い方法を「PayPay残高」または「ヤフーカード」のいずれかに選択すれば、公共料金以外の実店舗での支払いで常時1.5%のポイント還元を受けられます。

PayPay決済でおトク

PayPayはYahoo!JAPANカードと組み合わせれば最大7.5%が還元される

ヤフーカードならPayPay残高チャージができる! 年会費永年無料 最短2分で審査完了

PayPayで少しでも高いポイント還元率を維持しながら決済していきたいなら、ヤフーカード」を使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。

ヤフーカードは唯一PayPay残高へのチャージが可能なクレジットカードなので、ヤフーカードでのチャージ×PayPay残高での支払い」でポイントの二重取りが実現します。

つまり、ヤフーカードをPayPayで使うだけで還元率は「1%+1.5%=2.5%」となり、「キャッシュレス・消費者還元事業」も合わせれば、その還元率は最大で7.5%となります。

「とにかく高いポイント還元率を維持しながらスマホで便利に決済していきたい…。」

と考える方は、PayPayにヤフーカードを登録してみましょう。

 

Yahoo!JAPANカード

還元率
  • 1.00〜2.00%
年会費
  • 永年無料
開催中キャンペーン
  • 【JCB会員限定】JCB マジカル 2020
  • 【JCB会員限定】USJ ハロウィーン貸切キャンペーン 2020
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
対応電子マネー
  • QUICPay
その他主な特典
  • 動産・総合保険
  • 盗難保険
  • ショッピング補償(月額490円)
Yahoo! JAPANカードキャンペーン Yahoo! JAPANカードキャンペーン

PayPay(ペイペイ)で公共料金の支払いをする方法

PayPayで公共料金を支払う方法ですが、まずはPayPayをインストールし、アプリのホーム画面にある「スキャン」をタップしてください。


スキャンの画面から公共料金の払込票にあるバーコードを読み取り、支払金額を確認してタップしましょう。

これで公共料金の納付が完了します。

LINE Payでも公共料金における請求書の支払いが可能

なお、LINEでスマホ決済が可能な「LINE Pay」でも、公共料金の支払いが可能な「LINE Pay 請求書支払い」を行うことができます。

LINE Payの請求書支払いでは、PayPayでまだ対応されていない関西電力や東北電力などに対応しています。

出典:Yahoo!ウォレット

▶︎LINE Payの使い方に関する詳細はこちら!

PayPay(ペイペイ)はその他にも便利でお得な機能が盛りだくさん!

PayPayは公共料金が支払えること以外にも、随時お得なキャンペーンも開催されています。

例えば今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元対象店舗でPayPayを使うと、20回に1回の確率で最大1,000円相当が戻ってきます!

消費者還元対象店舗の5%還元対象店舗なら 消費者還元事業から5%戻ってくる! + 20回に1回の確率で最大1,000円相当戻ってくる!

なお、ヤフーカードを除いた各クレジットカードはポイント付与の対象外となるので、今後少しでもお得にPayPayで還元を受けたいなら、ヤフーカードもしくはPayPay残高を利用するようにしましょう。

PayPay(ペイペイ)なら割り勘や個人間での送金も可能!

なお、PayPayは友人と行く飲み会の割り勘を行うことも可能です。

PayPayを使えば、飲み会の代金を割り勘で一人ずつ均等に支払いできるという嬉しい機能がついており、それ以外にも個人間でのお金のやり取りが可能となっています。

なので、気になる方はそちらも合わせて使ってみてください!

▶︎PayPayの割り勘機能の詳細はこちら!

まとめ:PayPay(ペイペイ)を使ってお得に公共料金の支払いをしよう!

PayPayの公共料金の支払いに関するまとめ

  • 2019年9月よりPayPay残高で公共料金を支払うことが可能に
  • PayPayで公共料金の支払いをすれば0.5%が還元される
  • 今後PayPayに対応する公共料金の支払いは増えていく予定とされている

以上がPayPayにおける公共料金の支払いについてでしたが、現在公共料金の支払いをコンビニや現金などで支払いしている方は、その支払いをPayPayでやっていくことをおすすめします。

PayPayなら請求書を読み取っていつでもどこでも「キャッシュレス」で支払いできる上、0.5%のポイント還元まで付いてきます。

あなたも、是非PayPayで公共料金の支払いを実践してみてください!

※PayPayをオトクに使いたい方はヤフーカードも是非ご登録ください!!

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

編集長 Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在はFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー