PayPay(ペイペイ)はVISAカードで支払い可能|使い方やポイント還元についても解説

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPayでVISAのブランドがついたクレジットカードやデビットカードが使えるのかについて紹介していきます。

PayPayにVISAのクレジットカードを登録して使いたいんだけど、そもそも使えるの…?

といった方は是非参考にしてみてください!

【※PayPayをお得に使うなら※】

PayPayカードでチャージすれば
最大1.5%が還元される!

しかも、今なら新規入会&利用で最大7,000円相当がもらえる▼

目次

    結論:PayPay(ペイペイ)はVISAカードで支払い可能!

    現在日本で爆発的な普及をみせているスマホ決済サービスのPayPayですが、結論PayPayはVISAブランドのデビットカードやクレジットカードを登録して支払いに利用可能です。

    PayPayで対応されているのは、「VISA・MasterCard・JCB(PayPayカードのみ)」といった3つの国際ブランドであり、VISAも支払いに使えるのでご安心ください。

    ただ、PayPayにクレジットカードを登録して支払う場合は注意しておかなければならない点がいくつかあるので、以下でそれらを共有していきます。

     

    PayPay (ペイペイ)の概要

    還元率
    • 通常0.5%(最大1.5%)
    • 100円以上の決済回数が50回以上で+0.5%
    • 利用金額が月に10万円以上で+0.5%
    ▶︎PayPayのポイント還元率の詳細はこちら
    特長
    • 「ソフトバンク」「ワイモバイル」ユーザーならさらにお得な決済が可能
    • 月ごとの利用金額をグラフで管理できる
    • 支払いだけでなく友人間で送金や割り勘もできる
    支払い方法
    • PayPay残高で支払う
    • PayPayカードで支払う
    • クレジットカードで支払う
    ▶︎PayPayへチャージする方法の詳細はこちら
    使える代表的なお店
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ
    • セイコーマート
    【飲食】
    上島珈琲店 / 牛角 / かっぱ寿司 / 松屋 / 温野菜 / ピザーラ
    【居酒屋】
    魚民 / 白木屋 / 笑笑 / 磯丸水産 / 千年の宴
    【家電量販店】
    エディオン / ケーズデンキ / ビックカメラ / コジマ / Joshin
    ▶︎PayPayが使えるお店の詳細はこちら
    セキュリティ体制
    • SSL(Secure Sockets Layer)が用いられている
    • クレジットカードの登録に本人認証サービス(3Dセキュア)が推奨されている
    ▶︎PayPayのセキュリティの詳細はこちら
    こんな人におすすめ!
    • キャンペーンを通してより高いポイント還元を受け取りたい方
    • 「ソフトバンク」や「ワイモバイル」ユーザーの方
    • PayPayカードを利用している方
    ▶︎PayPayのメリット・デメリットの詳細はこちら!

    PayPayでVISAカードを使った支払いをする際に気をつけるべき注意点

    よし…PayPayにVISAが登録できると分かれば、早速登録して使っていこう…!

    と考えてるそこのあなた…。ちょっと待ってください!

    実はPayPay…クレジットカードに登録して支払う際はいくつかのデメリットがあるんです。

    先に結論を言ってしまうと、そのデメリットとなるのが以下の2つ…。

    • 1.5%のPayPay残高を受け取れない
    • PayPay残高にチャージできない

    本当にPayPayでVISAカードを使うべきなのか、しっかりご検討ください。

    1.5%のPayPay残高を受け取れない

    PayPayにクレジットカードを登録して支払うと、何かポイント還元はあるの…?

    と疑問に思われたかもしれませんが、結論PayPayでは「PayPayカード」以外のクレジットカードを利用した場合だとポイント還元を受けられません。

    ※ヤフーカードの新規発行は終了しており、PayPayカードに切り替わっています

    PayPayでは支払い方法を「PayPay残高」または「PayPayカード」に選択すれば常時1.5%のポイント還元が受けられますが、PayPayカード以外のクレカの場合はポイントが一切付与されません。(※2019年9月30日まではクレカでも0.5%が付与されていたものの、10月1日より対象外となる。)

    PayPay残高にチャージできない

    そしてPayPayでは、PayPayカード以外のクレジットカードだとPayPay残高へチャージすることができません。

    なので、PayPayカード以外のクレカだとPayPay残高ではなくクレカで直接支払う形となりますが、つまりこれは今後開催されるお得なキャンペーンが受けられなくなる可能性があることを意味します。

    というのも、PayPayで過去に開催されたキャンペーンは、その還元条件が「PayPayカード以外のクレジットカードは対象外です」と記載されていることがほとんど。

    4/1から開催された「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」でも、クレジットカードは還元の対象外とされています。

    ※ヤフーカードの新規発行は終了しており、PayPayカードに切り替わっています

    つまり、PayPayで「少しでもポイント還元をゲットしてやろう」と考えてる人にとっては、クレカを使っていくのは無理ゲーなんですね。

    PayPayをパワーアップさせるにはPayPayカード一択

    PayPayを利用するなら、PayPayカードには必ず入会しておきましょう!

    PayPayカード以外のクレジットカードもPayPayの支払先に設定できますが、旨味が減ってしまうのがネックですよね。

    PayPayカードをPayPayの支払先に設定することで無理なく還元率を1.5%にまで上げることができるのは大きなメリットです。

    PayPayステップの条件が厳しいと感じても、PayPayカードがあれば大丈夫!

    がんばらなくても自動で還元率が上がるのですから、入会しておいて損することはありません。

    年会費も永年無料なので、「もらえるポイントより年会費のほうが高かったらどうしよう」という心配も無用です。

    最大7,000円相当のPayPayボーナスが簡単に手に入る

    現在、PayPayカードでは、新規入会特典として最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえます!

    PayPayの還元率を手軽に引き上げられるだけでなく、ボーナスまでもらえるのですから乗らない手はありません。

    どうせ厳しい条件があるんでしょ?

    クリアする条件は次の2つだけなのが、この特典のポイントです。

    要するに、入会して3回使うだけなので、普通に使えば自然とクリアできる仕組み。

    毎日と言っていいほどお金を使っていることを考えると、このハードルはあってないようなものではないでしょうか?

    PayPayカードのメリットは入会特典だけじゃありません【チャージも一瞬】

    入会して利用するだけで最大7,000円相当ものPayPayボーナスがもらえますが、メリットはそれだけではありません。

    PayPayカードには次の2つのメリットもあります!

    • PayPay残高にチャージできる
    • お得なキャンペーンへの参加権利

    PayPayカードを持っていれば、残高不足で会計のときにモタモタして、後ろで並んでいる方と店員の方からの「早くしろよ…」という無言の圧力にさらされる心配は無用。

    随時開催されるPayPayのキャンペーンにも参加しやすくなるので、おトクに買い物できるチャンスが増えることも見逃せません。

    まだPayPayカードを持っていない方は、快適なキャッシュレスライフを送るために申し込んでおきましょう。

    くどいようですが、年会費も永年無料なので持っておいて損することはありません。

     

    PayPayカードの概要

    還元率
    • 1.00〜3.00%
    年会費
    • 永年無料
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    • JCB
    対応電子マネー
    • QUICPay
    こんな人におすすめ!
    • PayPayで残高の還元やキャンペーンを受けていきたい人
    • Yahoo!ショッピングで頻繁に買い物する人

     

    マイナポイントにPayPay(ペイペイ)を登録すれば最大5,000円がもらえる!

    2020年7月1日より申込が開始された「マイナポイント」にPayPayを登録して残高チャージ&支払いをすれば、その金額に対して5,000円を上限とした25%のPayPay残高が付与されます。

    是非この機会に、PayPayでマイナポイントを登録してみてください!

    ▶︎マイナポイントについておさらいしたい方はこちら!

    本人認証が完了していなければ上限金額が30日間で5,000円となる

    PayPayでクレジットカード払いをするなら上限金額に注意しておかなければなりません。

    その上限額は「青いバッジが付与されているか」や「本人認証が完了しているか」によって異なります。

    青いバッジがついている+本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 25万円

    過去30日間

    • 25万円

    本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 2万円

    過去30日間

    • 5万円

    本人認証が未設定の場合

    過去24時間

    • 5千円

    過去30日間

    • 5千円

    青いバッチはユーザーの登録内容や利用状況に基づいて付与されますが、これが無いと過去30日間で5万円しか決済に利用できません。

    なお、PayPayに登録したクレジットカードで本人認証(3Dセキュア)を完了していない場合も、利用上限が5千円までという極端に低い上限額となってしまうので注意しておきましょう。

    出典:PayPay

    ▶︎PayPayのチャージや支払いに関する上限金額の詳細はこちら!

    まとめ:PayPay(ペイペイ)はVISAカードでも決済に使える!

    PayPayはVISAのデビットカードやクレジットカードを使って支払いできますが、PayPayカード以外のクレジットカードを使っても1.5%の還元は受けられませんし、PayPay残高へチャージすることもできません。

    PayPayの支払先をPayPayカードに設定するのが賢いの選択の一つと言えるでしょう。

    ちなみに、新規入会&利用特典の最大7,000円相当のPayPayボーナスを見逃してしまうのは損!

    還元率も底上げされるため、デフォルトのPayPayと比べると非常にパワフルなのも見逃せません。

    執筆者プロフィール

    ペイ編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    PayPayカード新規入会で最大7000円相当プレゼント PayPayカード新規入会で最大7000円相当プレゼント