PayPay(ペイペイ)はVISAカードで支払い可能|使い方やポイント還元についても解説

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPayでVISAのブランドがついたクレジットカードやデビットカードが使えるのかについて紹介していきます。

PayPayにVISAのクレジットカードを登録して使いたいんだけど、そもそも使えるの…?

といった方は是非参考にしてみてください!

目次

    結論:PayPay(ペイペイ)はVISAカードで支払い可能!

    現在日本で爆発的な普及をみせているスマホ決済サービスのPayPayですが、結論PayPayはVISAブランドのデビットカードやクレジットカードを登録して支払いに利用可能です。

    PayPayで対応されているのは、「VISA・MasterCard・JCB(ヤフーカードのみ)」といった3つの国際ブランドであり、VISAも支払いに使えるのでご安心ください。

    ただ、PayPayにクレジットカードを登録して支払う場合は注意しておかなければならない点がいくつかあるので、以下でそれらを共有していきます。

     

    PayPay (ペイペイ)の概要

    還元率
    • 通常0.5%(最大1.5%)
    • 100円以上の決済回数が50回以上で+0.5%
    • 利用金額が月に10万円以上で+0.5%
    ▶︎PayPayのポイント還元率の詳細はこちら
    特長
    • 「ソフトバンク」「ワイモバイル」ユーザーならさらにお得な決済が可能
    • 月ごとの利用金額をグラフで管理できる
    • 支払いだけでなく友人間で送金や割り勘もできる
    支払い方法
    • PayPay残高で支払う
    • ヤフーカードで支払う
    • クレジットカードで支払う
    ▶︎PayPayへチャージする方法の詳細はこちら
    使える代表的なお店
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • セブンイレブン
    • ミニストップ
    • ポプラ
    • セイコーマート
    【飲食】
    上島珈琲店 / 牛角 / かっぱ寿司 / 松屋 / 温野菜 / ピザーラ
    【居酒屋】
    魚民 / 白木屋 / 笑笑 / 磯丸水産 / 千年の宴
    【家電量販店】
    エディオン / ケーズデンキ / ビックカメラ / コジマ / Joshin
    ▶︎PayPayが使えるお店の詳細はこちら
    セキュリティ体制
    • SSL(Secure Sockets Layer)が用いられている
    • クレジットカードの登録に本人認証サービス(3Dセキュア)が推奨されている
    ▶︎PayPayのセキュリティの詳細はこちら
    こんな人におすすめ!
    • キャンペーンを通してより高いポイント還元を受け取りたい方
    • 「ソフトバンク」や「ワイモバイル」ユーザーの方
    • ヤフーカードを利用している方
    ▶︎PayPayのメリット・デメリットの詳細はこちら!

    PayPayでVISAカードを使った支払いをする際に気をつけるべき注意点

    よし…PayPayにVISAが登録できると分かれば、早速登録して使っていこう…!

    と考えてるそこのあなた…。ちょっと待ってください!

    実はPayPay…クレジットカードに登録して支払う際はいくつかのデメリットがあるんです。

    先に結論を言ってしまうと、そのデメリットとなるのが以下の2つ…。

    • 1.5%のPayPay残高を受け取れない
    • PayPay残高にチャージできない

    本当にPayPayでVISAカードを使うべきなのか、しっかりご検討ください。

    1.5%のPayPay残高を受け取れない

    PayPayにクレジットカードを登録して支払うと、何かポイント還元はあるの…?

    と疑問に思われたかもしれませんが、結論PayPayでは「ヤフーカード以外のクレジットカードを利用した場合だとポイント還元を受けられません。

    PayPayでは支払い方法を「PayPay残高」または「ヤフーカード」に選択すれば常時1.5%のポイント還元が受けられますが、ヤフーカード以外のクレカの場合はポイントが一切付与されません。(※2019年9月30日まではクレカでも0.5%が付与されていたものの、10月1日より対象外となる。)

    PayPay残高にチャージできない

    そしてPayPayでは、ヤフーカード以外のクレジットカードだとPayPay残高へチャージすることができません。

    なので、ヤフーカード以外のクレカだとPayPay残高ではなくクレカで直接支払う形となりますが、つまりこれは今後開催されるお得なキャンペーンが受けられなくなる可能性があることを意味します。

    というのも、PayPayで過去に開催されたキャンペーンは、その還元条件が「ヤフーカード以外のクレジットカードは対象外です」と記載されていることがほとんど。

    4/1から開催された「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」でも、クレジットカードは還元の対象外とされています。

    つまり、PayPayで「少しでもポイント還元をゲットしてやろう」と考えてる人にとっては、クレカを使っていくのは無理ゲーなんですね。

    PayPay(ペイペイ)でクレカを使いたいならヤフーカードが安定!

    ヤフーカードならPayPay残高チャージができる! 年会費永年無料 最短2分で審査完了

    PayPayで最大1.5%のPayPay残高を受けたい方は、PayPay残高へ唯一チャージが可能なクレカのヤフーカードを使っていくのがおすすめです!

    ヤフーカードならPayPayで0.5〜1.5%の還元が得られる上、PayPay残高にもチャージできるので、PayPayのお得なキャンペーンにも問題なく参加できるでしょう。

    PayPayで1.5%の還元を維持しながら決済していきたい…。

    と考える方は、PayPayにヤフーカードを登録してみましょう。

    本人認証が完了していなければ上限金額が30日間で5,000円となる

    PayPayでクレジットカード払いをするなら上限金額に注意しておかなければなりません。

    その上限額は「青いバッジが付与されているか」や「本人認証が完了しているか」によって異なります。

    青いバッジがついている+本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 25万円

    過去30日間

    • 25万円

    本人認証設定済みの場合

    過去24時間

    • 2万円

    過去30日間

    • 5万円

    本人認証が未設定の場合

    過去24時間

    • 5千円

    過去30日間

    • 5千円

    青いバッチはユーザーの登録内容や利用状況に基づいて付与されますが、これが無いと過去30日間で5万円しか決済に利用できません。

    なお、PayPayに登録したクレジットカードで本人認証(3Dセキュア)を完了していない場合も、利用上限が5千円までという極端に低い上限額となってしまうので注意しておきましょう。

    出典:PayPay

    ▶︎PayPayのチャージや支払いに関する上限金額の詳細はこちら!

    まとめ:PayPay(ペイペイ)はVISAカードでも決済に使える!

    • PayPayはVISAカードで支払い可能
    • PayPayはヤフーカード以外のクレカだと1.5%のPayPay残高を受け取れない
    • PayPayはヤフーカード以外のクレカだと残高にチャージできない

    以上、PayPayはVISAのデビットカードやクレジットカードを使って支払いできますが、ヤフーカード以外のクレジットカードを使っても1.5%の還元は受けられませんし、PayPay残高へチャージすることもできません。

    それらを踏まえると、長期的にPayPayを使っていくならヤフーカードがおすすめでしょう。

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    ふじい編集長

    キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元