【徹底検証】PayPayにヤフーカードを登録するメリット【ポイント還元1.5%】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、PayPayでヤフーカードを登録して使っていくメリットについて紹介していきます。

「PayPayにヤフーカードを使ってみたいと思ってたんだけど、どんなメリットがあるの…?」

と疑問に思っていた方もご安心ください。

今回は筆者が実際にヤフーカードに申し込み、PayPayに登録して使ってみました。

(※筆者はブラックのデザインを選んだのですが、なかなかかっこいいです。)

そこで、PayPayにヤフーカードを実際に登録してわかったメリットをみなさんに共有していきます。

本記事を最後まで読めば、なぜPayPayにヤフーカードの登録が最適なのかを知れるでしょう。是非参考にしてみてください!

 

ヤフーカードはPayPay(ペイペイ)に登録して使うメリットが盛りだくさん!

ヤフーカードならPayPay残高チャージができる! 年会費永年無料 最短2分で審査完了

現在日本で爆発的な普及をみせているスマホ決済サービスのPayPayですが、PayPayはヤフーカード実際に登録して使ってみるとメリットがたくさんありました。

 

Yahoo! JAPANカード

還元率
  • 1.00〜3.00%
年会費
  • 永年無料
開催中特典
  • 【JCB会員限定】JCB マジカル 2020
  • 【JCB会員限定】USJ ハロウィーン貸切キャンペーン 2020
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
対応電子マネー
  • QUICPay
その他主な特典
  • 動産・総合保険
  • 盗難保険
  • ショッピング補償(月額490円)

そのメリットが以下ですが、これらを順に解説していきます。

PayPayにヤフーカードを登録するメリット

  • ヤフーカードを登録して支払い&チャージすれば1.5%のPayPay残高が還元される
  • PayPayで1.5%の還元を受けられる“唯一”のクレジットカード
  • PayPayの残高チャージにも使えるのでキャンペーンの条件に沿ってお得に使い分けれる

PayPay(ペイペイ)でヤフーカードを使えばポイント還元が1.5%に!

ヤフーカードならお店のPayPay決済で最大1.5%戻ってくる!

PayPayでヤフーカードを使うと、利用金額に対して1.5%のPayPay残高が還元されるメリットがあります。

さらに現在は「キャッシュレス・消費者還元事業」も開催中なので、還元の対象店舗で支払えば、ヤフーカードを登録したPayPayでの支払いも合わせると還元の合計が6.5%となります。

PayPay(ペイペイ)でヤフーカード以外のクレジットカードを使っても還元率は0%

PayPayでは、ヤフーカード以外にも銀行口座などからチャージして使える「PayPay残高」で支払えば同じように1.5%の還元が得られますが、クレジットカードからの支払いで1.5%の還元が得られるのはヤフーカードだけです。

ヤフーカード以外のクレジットカードもPayPayで使えないわけではありませんが、還元率は0%。

大事なのでもう一度言います、ヤフーカード以外のクレカを使っても還元率は0%です。

過去開催のキャンペーンも「ヤフーカード以外のクレカは対象外」のケースが多数

そしてヤフーカードを一枚持っておけば、PayPayで開催されるキャンペーンへの参加条件もほぼクリアできるようになるでしょう。

なお、PayPayで過去に開催されたキャンペーンでも、その還元条件が「ヤフーカード以外のクレジットカードは対象外です」と記載されていることがほとんど。

例えば、現在開催されている「まちかどペイペイ第二弾」でも、こんな記載が…。

そして、1月下旬に開催されたローソンでの支払いで最大10%が戻ってくる「ローソンおトクWeek キャンペーン」でも、PayPay残高やヤフーカード以外のクレジットカードで支払う場合は還元の対象外に…。

つまり、PayPayで「少しでもポイント還元をゲットしてやろう」と考えてる人にとっては、ヤフーカード以外のクレカを使っていくのはもはや無理ゲーなんですね。

つまり、PayPayでクレジットカードを使って支払うなら、断トツでヤフーカードが有利ということ。

仮にあなたが、ポイント還元の付与されないクレカをPayPayに登録して、毎月3万円支払っていたとすれば、

1年で「36万円=36万円×1.5%=5,400円」のPayPay残高分を損しているも同然となってしまいます。

(※これはあくまで推定値であり、将来も1.5%の還元率が継続されるかは分かりません。)

ヤフーカードならPayPay(ペイペイ)残高にもチャージできる

なお、ヤフーカードはPayPay残高にもチャージして使えるメリットがあります。

少しややこしいのですが、ヤフーカード「一旦PayPay残高へチャージして支払う方法」「そのままヤフーカードで支払う方法」の2通りです。

この2通りの支払い方法、特に大した違いはないのですが、例えばこんな時に使いわけもできます。

キャンペーンの対象が「PayPay残高」からの支払いのみだった場合はヤフーカードで残高にチャージすれば良い

2/1〜2/29までの期間中、対象の飲食店にてPayPay残高から支払えば最大50%が還元されるキャンペーンが開催中ですが、同キャンペーンは「ヤフーカードを含むクレジットカードは対象外」と記載されていますよね…。

しかし、ヤフーカードはPayPay残高へチャージできるので、この場合は「ヤフーカードからPayPay残高にチャージして支払う」といった方法を取れば、キャンペーンの対象となります。

ヤフーカードからPayPay(ペイペイ)にチャージしてTポイントの還元は得られる?

ヤフーカードは通常100円につき1円相当(1%)のTポイントが還元されますが、結論PayPayでの支払いやチャージの場合はTポイントが還元されません。

これはちょっと悲報なんですが、2020年2月1日以降、ヤフーカードでは「PayPay決済」「PayPay残高チャージ」「nanacoクレジットチャージ」に対するTポイントの進呈が廃止されました。

つまり、2020年1月31日まではPayPayへのチャージ&支払いによってポイントの二重取りが可能だったんですね。

しかし2月1日以降は受けられなくなってしまったので、注意しておきましょう。

ヤフーカードをYahoo!ショッピング・LOHACOで使えば3%が還元される

Yahoo!ショッピング・LOHACOのご利用で毎日3%たまる。

残念ながらPayPayへのチャージだとTポイントが還元されなくなってしまったヤフーカードですが、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」でヤフーカードを使うと最大3%のポイントが還元されます。

クレジットポイント(Tポイント)カード会員特典1%+Yahoo!ショッピング・LOHACO利用特典(PayPayボーナスライト*)カード会員特典1%+ストアポイント・LOHACOポイント(Tポイント)1%=毎日3% *PayPayボーナスライトは、出金と譲渡はできません。有効期限は付与日から60日間です。なお、所定の手続き後にPayPay加盟店にて使用することができます。PayPayについて詳しくはFAQをご確認ください。

なので、これまでYahoo!ショッピングを使っていたユーザーならヤフーカードは必須の一枚となるでしょう。

PayPay(ペイペイ)におけるヤフーカードの支払い&チャージの上限は?

この1枚だけでTポイントがたまる・使える

では、以下よりヤフーカードで支払い&チャージする場合の上限金額について確認していきます。

ヤフーカードから支払いする場合の上限金額

PayPayでヤフーカードから支払いする際の上限金額は、青いバッジの有無&本人認証が完了しているかで異なります。

青いバッジがついている+本人認証設定済みの場合

過去24時間

  • 25万円

過去30日間

  • 25万円

本人認証設定済みの場合

過去24時間

  • 2万円

過去30日間

  • 5万円

本人認証が未設定の場合

過去24時間

  • 5千円

過去30日間

  • 5千円

青いバッチとは、ユーザーの登録内容や利用状況に基づいて付与されるバッジですが、これが無ければ過去30日間で5万円しか決済に利用することができません。

なお、ヤフーカードの本人認証(3Dセキュア)を完了させていない場合、利用上限が5千円までとなるので注意しておきましょう。

出典:PayPay

なので、ヤフーカードを使ってPayPayで支払う際は、上限金額がどの程度なのか予めチェックしておいてください。

いざPayPayで支払う際に、

「やばい、クレジットカードが上限だから払えないじゃん…。」

とレジで焦ってしまっては大変ですからね。

ヤフーカードからPayPay残高へ支払いする場合の上限金額

ヤフーカードからPayPay残高へチャージする際の上限も、青いバッジが付与されているかどうかで異なります。

青いバッジがついている+本人認証設定済みの場合

過去24時間

  • 25万円

過去30日間

  • 25万円

本人認証設定済みの場合

過去24時間

  • 2万円

過去30日間

  • 5万円

本人認証の設定のみで青いバッチが付与されていないヤフーカードだと、上限は過去30日間で5万円までとなります。

PayPayで高額な買い物をする場合に、これだと上限が少ないかもしれませんね。

青いバッチはユーザーの登録内容や利用状況に基づいて付与されますが、その表示条件の詳細はセキュリティの都合上回答できないみたいなので、明確に「これをすれば青バッジが付与される」という条件は不明です。

※参考:PayPay よくある質問

PayPay(ペイペイ)にヤフーカードを登録する方法

PayPayにヤフーカードを登録する方法ですが、まずホーム画面から「カード追加」をタップし、クレジットカードをカメラから読み取ってください。(※読み取れない場合は直接番号やセキュリティコードを入力しましょう。)

読み取り後は有効期限やセキュリティコードを入力し、本人認証(3Dセキュア)を行って利用上限額を増額しましょう。

これでヤフーカードの登録は完了します!

Yahoo!  JAPANカードで残高にチャージする

登録完了後はホーム画面から「チャージ」をタップして、「チャージ方法」をヤフーカードに設定してください。

そしてチャージしたい金額を入力して、最後に「チャージする」をタップすれば完了です。

▶︎PayPayへのチャージ方法に関する詳細はこちら!

PayPay(ペイペイ)でヤフーカードを使って支払う方法

アプリを開いて「支払う」をタップし、以下の画面で「支払い方法」を選択して、支払い方法を「PayPay残高」または「ヤフーカード」のいずれかに選択してください。

設定後はコードを読み取ってもらう、あるいはお店のQRコードをスキャンして支払いを完了させてください。

まとめ:PayPay(ペイペイ)はヤフーカードを登録して支払おう!

PayPayにヤフーカードを登録するメリット

  • ヤフーカードを登録して支払い&チャージすれば1.5%のPayPay残高が還元される
  • PayPayで1.5%の還元を受けられる“唯一”のクレジットカード
  • PayPayの残高チャージにも使えるのでキャンペーンの条件に沿ってお得に使い分けれる

というわけで、今後PayPayを継続的に利用していくなら、1.5%還元が得られる唯一のクレジットカードであるヤフーカードを登録して使っていくのがおすすめです!

クレジットカードを使えばその支払い請求が翌月となるメリットがありますが、PayPayでクレカを使うならヤフーカード以外に選択肢はほぼありません。

しかもヤフーカードはPayPay残高へチャージすることもできるので、キャンペーンが開催された時に、その対象条件に合わせて支払い方法をコントロールすることもできちゃいます!

是非この機会に、お得で便利なヤフーカードを登録してみてください!

執筆者プロフィール

Kenta Fujii

編集長 ふじい けんた

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン 今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

今なら「三井住友カード」新規入会で最大20%還元のWキャンペーン