楽天ペイにおすすめのクレジットカードは?【楽天カードを登録すればポイントの二重取り可能】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開:2019-07-07 最終更新:2019-09-21

本記事では、楽天ペイで登録するべきおすすめのクレジットカードについて紹介していきます。

「楽天ペイを本格的に使っていきたいけど、どのクレジットカードを使うのが良いか分からない…。」

本記事を最後まで読めば、上記のような疑問を全て解決できます。是非参考にしてください。

楽天ペイはクレジットカードを登録して決済しよう!

楽天グループによって提供されているスマホ決済アプリの「楽天ペイ」ですが、楽天ペイで支払いを行う為にはクレジットカードを登録する必要があります。

楽天ペイは200円の支払い毎に楽天スーパーポイントが1p(0.5%)付与されますが、そのチャージにポイント還元のあるクレジットカードを利用すれば、お得にポイントを二重取りすることもできるようになります。

なお、現状楽天ペイは他のスマホ決済サービスにーあるような「銀行口座からのチャージ」はできません。

なので、楽天ペイを使おうと思えば、クレジットカードの登録がほぼ必須だと言って良いでしょう。

▶︎楽天ペイの使い方やメリットの詳細はこちら!

楽天ペイに登録できるクレジットカードは?

「じゃあ、楽天ペイに登録できるクレジットカードってどんな種類があるの…?」

結論、楽天ペイに登録できるクレジットカードは『楽天カード・Visa・Mastercard』の3つです。

Q:楽天ペイアプリに登録できるカードは何ですか?

A:楽天ペイアプリには、全ての楽天カード、Visa、Mastercardがご登録いただけます。

JCB、American Express、Diners Club、Discoverはご登録できません。

また、ご登録いただく際には、以下の条件を満たしているかご確認ください。

  • 日本国内発行のカード
  • ご本人名義のカード
  • 有効期限内のカード
  • 利用停止となっていないカード

※参照:楽天ペイ

なので、基本的に楽天ペイでは楽天カード、あるいはVISA、MasterCardに対応しているカードであれば登録可能です。

楽天レギュラー会員は楽天カードのみしか登録する事ができない

楽天ペイを利用する際には楽天会員への登録が必要なのですが、そこで各会員に付与されるランクが「レギュラーランク」の場合は「楽天カード」でしか登録を行う事ができません。

楽天会員のランクは、自身が獲得した楽天ポイントの数値や回数などによって決まりますが、レギュラーランクの人は楽天カードを所持しておかなければ楽天ペイを利用できません。

つまり、これから楽天会員になろうと考えている方の場合、必然的に登録すべきカードは『楽天カード』一択となります。

楽天ペイにクレジットカードを登録するなら楽天カードがおすすめ!


というわけで、結論楽天ペイにクレジットカードを登録するなら、『楽天カード』が断トツでおすすめです!

楽天カードのスペック

国際ブランド MasterCard / VISA / JCB / AMEX
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%
キャンペーン 新規入会&利用でもれなく5,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン
その他主な特典 旅行傷害保険

  • 最高2,000万円

楽天カードなら楽天ポイントを二重取りできる!

楽天カードは100円の支払いにつき楽天ポイントが1p(1%)が付与されるので、楽天ペイのチャージに利用すれば合計1.5%の楽天ポイントを受け取ることができます。

貯めた楽天ポイントは楽天ペイからでも決済に利用可能であり、使えるお店は主要なコンビニや居酒屋、家電量販店と様々です。

なので、楽天ポイントは「せっかくポイントを貯めたのに、使い道がほとんどない…。」といったような、他のポイントサービスでありがちな心配もほぼ無いと言って良いでしょう。

楽天ペイに楽天カードを登録すれば今ならポイント還元が最大5%!


さらに、今なら超お得なキャンペーンが開催されています。

7月1日〜9月30日までの期間中、楽天ペイに設定した楽天カードの支払い分が最大5%還元となります。

なので、楽天ペイの支払いに楽天カードを利用すれば、PayPayやLINE Payとも肩を並べる程のポイント還元率でで決済できるようになります。

もう楽天ペイを使うなら、楽天カードを利用しない手はありませんね。

あなたも是非、楽天ペイと一緒に楽天カードを利用してみてください!

楽天ペイにおすすめな楽天カード以外のクレジットカード


なお、楽天カード以外でおすすめなクレジットカードを以下より紹介していくので、自分に合ったカードを選択してください。

  • エポスカード
  • リクルートカード
  • エポスカード
  • イオンカード

オリコカード

Apple Pay対応の国際ブランド MasterCard / JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%(入会後6ヶ月間は2%)
キャンペーン 新規入会&利用で最大8,000ポイントプレゼントキャンペーン
その他主な特典
  • 入会後6ヶ月間はオリコポイント2%還元
  • ETCカードも年会費永年無料で利用可能

オリコカードは通常のポイント還元率が1%と比較的高めに設定されていますが、なんと入会後6ヶ月間はそのポイント還元率が2倍の2%となります。

なお、オリコカードで貯めたポイントは以下のようなお店や商品、ポイントに交換可能なので、『せっかくポイントを貯めたのに使える場所がない』といった心配もほとんどありません。

このように、オリコカードは他のクレジットカードと比較しても特に『ポイント力』が強く、入会してから6ヶ月の間ならかなりお得に楽天ペイを活用できるでしょう。

さらに、オリコカードは以下の『オリコモール』に該当するネットショップで買い物をすれば、通常の1%還元に加えてさらに0.5%〜1.5%が加算されます。


なので、オリコカードは楽天ペイで使う以外にも使い道が盛りだくさんです。

また、オリコカードはETCカードも無料であり、もちろんポイント還元率も通常1%、そして入会後6ヶ月の間はしっかりと2%が還元されます。

「とにかく高還元のポイント還元があるクレジットカードをApple Payで使いたい!」

そう考える人は、オリコカードの一択で決まりでしょう。

リクルートカード

国際ブランド MasterCard / VISA / JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.2%
キャンペーン 新規入会&利用で最大8,000ポイントプレゼントキャンペーン
その他主な特典 旅行傷害保険

  • 【海外】最高2,000万円
  • 【国内】最高1,000万円

ショッピング保険

  • 【海外/国内】年間200万円

リクルートカードはポイント還元率が1.2%という驚異の還元率を誇っており、『じゃらん』や『HOT PEPPERグルメ』、『HOT PEPPERビューティー』などで活用すれば、通常1.2%のポイント還元率にさらに追加で2%が加算されます!

普段上記のようなサービスを頻繁に利用している方であれば、リクルートカードはかなりおすすめだと言えるでしょう。

また、リクルートカードで貯めたリクルートポイントは『Pontaポイント』にも交換できるので、ローソンやケンタッキーといった主要店舗でも使用可能です!!

※リクルートカードを楽天ペイで利用する場合、国際ブランドはMasterCardを選択しましょう。(JCBは楽天ペイで利用できません。)

エポスカード

国際ブランド VISA
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
キャンペーン 入会特典として2,000円相当のエポスポイントが付与
その他主な特典 海外旅行傷害保険自動付帯

エポスカードは通常ポイント還元率が0.5%に定められていますが、エポスカードの指定するネットショッピングや旅行・ホテルの予約サイトで支払いに使えば、ポイント還元が2〜30倍になるメリットがあります。

なので、楽天ペイでカバー仕切れない部分は、エポスカードを単体で使ってお得にポイント還元を受けるのも良いでしょう。

普段、ポイント倍増に該当するネットショップなどで頻繁に買い物をする人であれば、エポスカードの利用価値はかなり高いと言えます!

イオンカード

国際ブランド MasterCard / VISA / JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%〜1%(※今ならキャンペーンで最大20%)
キャンペーン 新規入会&イオン銀行口座の設定で最大20%キャッシュバックキャンペーン※7/1〜9/30
その他主な特典 カード盗難保障無料付帯

イオンカードは通常のポイント還元率が0.5%に設定されていますが、対象のイオングループ各店舗で支払いすれば、更にお得にポイント還元を受け取ることが可能です。


上記のように、全国のイオンやマックスバリュなどでイオンカードを利用することで、通常のポイント還元が2倍(1%)、そして毎月20・30日はお買い物代金が5%OFFとなります。

さらに、今なら『最大20%のキャッシュバック』が得られるキャンペーンが開催されており、2019年7月1日〜9月30日までの間でイオンカードに新規入会し、さらに引き落とし口座をイオン銀行にすることで『最大20%』のキャッシュバックを得られます!

楽天ペイにKyash(キャッシュ)を利用すればポイントの3重取りも可能!

出典:Kyash

「もっともっと高いポイント還元率が欲しい…。」

そのように思う方は、楽天ペイのチャージにKyashを使ってみるのも良いでしょう。

楽天ペイは「2%のキャッシュバック」がある超お得なVisaカードの「Kyash(キャッシュ)」をチャージに利用すれば、最大で3.5%の還元率を実現する事も可能です。

▶︎Kyashのメリットや使い方の詳細はこちら!

例えば、「楽天カード→Kyash→楽天ペイ」といった流れでKyashを経由させれば、「1%+2%+0.5%」で合計3.5%の還元率をキープする事ができるようになります。

このように、複数のカードでチャージを繰り返すだけで、まるで錬金術のようにポイント還元率をアップさせることができるのです。

※但し、上述したキャンペーン期間中(7/1〜9/30)であれば楽天カードを使って直接楽天ペイの支払いを設定した方が還元率が高くなるので(最大5%)、楽天カードを持っている方はキャンペーンを優先させましょう。

楽天ペイでクレジットカードを登録する方法

楽天ペイでクレジットカードを登録する方法ですが、まずはホームからメニューアイコンをタップし、メニュー欄から「設定」を選択します。

その後は「お支払い元の設定」をタップし、「新しいカードを登録」を選択します。

すると、以下のように楽天会員情報管理のページに移行するので、ページにログイン後「クレジットカード情報」を選択してクレジットカードの追加を行なってください。

追加の設定を行えばクレジットカードの登録は完了です。

まとめ:楽天ペイにクレジットカードを登録してお得に決済しよう

  • 楽天ペイは「楽天カード・VISA・MasterCard」の3つで登録可能
  • 楽天ペイに最もおすすめなのは楽天カード
  • 今なら楽天カードを使えば最大5%のポイント還元が得られる

以上、楽天ペイにおすすめなクレジットカードは断トツで楽天カードです。

楽天ペイに楽天カードを登録すれば、楽天スーパーポイントが合計1.5%獲得出来るうえ、今ならキャンペーンが開催されているので、期間中は最大5%のポイント還元も受けられます。

なお、楽天会員のランクが「レギュラーランク」の方は、楽天カードでしか登録ができません。

なので、この機会に是非楽天カードを登録してみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。 新卒でSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとして主にキャッシュレス決済や仮想通貨に関するライティングを手掛けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。