楽天ペイはJCBカードが登録できない【楽天カードならJCBでもお得に利用可能】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、楽天カードでJCBブランドのカードが使えるのかについて紹介していきます。

JCBのカードって楽天ペイで使えるの…?

と疑問に思うあなたの悩みを解決していくので、是非参考にしてみてください!

 

目次

    楽天ペイはまだJCBカードを登録できない

    楽天グループによって提供されているスマホ決済アプリの「楽天ペイ」ですが、楽天ペイは楽天カード以外のJCBブランドのカードを登録して利用できません。

    なお、楽天ペイで対応しているカードと対応していないカードは以下の通りです。

    楽天ペイに対応しているカード

    • 楽天カード(Visa、MasterCard、JCB、American Express)
    • VISA
    • MasterCard

    楽天ペイに対応していないカード

    • JCB
    • American Express

    上記のように、楽天カードであれば全ブランドに対応しているものの、それ以外のカードで対応されているのはVISAとMasterCardのみであり、JCBやAmerican Expressには対応していません。

    なお、VISAとMasterCardのブランドであれば、クレジットカード以外にもデビットカードを使って決済できます。

    ▶︎楽天ペイにおすすめのデビットカードについての詳細はこちら!

    楽天カードならJCBでも楽天ペイで登録できる

    というわけで結論ですが、楽天ペイでJCBカードに対応しているのは、現状 楽天カードのみとなります。

    ですが、これから楽天ペイを本格的に使っていきたいのであれば、いずれにせよ 楽天カードを使っていくことをおすすめします。

    なぜそれほど 楽天カードをおすすめするのかというと、それは以下の2つの理由があるからです。

    • 楽天カードを使えばポイントの二重取りができる
    • 新規入会&利用でもれなく5,000ポイントがもらえる

    楽天カードを使えばポイントの二重取りが可能!

    楽天カードでは100円の支払いにつき1円相当(1%)の楽天ポイントが貯まるので、楽天ペイでキャンペーンが開催されている時に上手く組み合わせれば、楽天ポイントの二重取りが可能です。

    新規入会&利用でもれなく5,000ポイントがもらえる

    また、 楽天カードに新規入会&利用すれば、最大5,000ポイントが獲得できるお得なキャンペーンもあります。

    具体的には、楽天カードへの新規入会で2,000ポイント、そしてカードを利用すれば3,000ポイントの付与とされていますが、本キャンペーンを活用すれば、実質タダで5,000ポイントを使って自由に買い物ができます。

    なお、年会費は永年無料な上、海外旅行保険も付いているので、もはや楽天ペイを利用していくなら 楽天カードは必須と言えるレベルです。

     

    楽天カードの概要

    還元率
    • 1.00〜3.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    • JCB
    • American Express
    対応電子マネー
    • QUICPay
    その他主な特典
    • 旅行傷害保険:最高2,000万円

    楽天ペイでJCBはいつから登録できるようになる?

    「じゃあ、楽天ペイでいつからJCBが使えるようになるの…?」

    と疑問に思う方もいるでしょうが、2018年7月24日に楽天ペイを運営する楽天グループでのプレスリリースでは、以下のような内容が発表されていました。

    楽天株式会社は、運営するスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」において、株式会社ジェーシービーが取り扱う国際カードブランドを登録可能とすることを、両社で合意いたしました。

    JCBが、他社の提供するQRコード決済サービスへの対応について合意したのは今回が初めてです。今年から来春にかけて、順次展開していく予定です。

    「楽天ペイ(アプリ決済)」は、これまで利用可能であった楽天カード、VISA、Mastercardのクレジットカードに加えて、今回の合意により、JCB、American Express、Diners Club、Discoverの国際カードブランドも登録可能となり、対応ブランド数は業界最多となります。

    ※引用:楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」において、JCB・American Expressなどの国際カードブランドが登録可能に

    このように、楽天側では以前から「JCBに対応する」と発表していたものの、未だにその対応カードはVISAとMasterCardのみで、JCBは楽天カードのみの対応となっています。

    また、同プレスリリースではJCB以外にもAmerican ExpressやDiners Club、Discoverなどといった国際ブランドに対応すると発表されていましたが、それが具体的にいつなのかはまだ未定です。

    なので、

    「どうしても今手元にあるJCBカードを使いたい…。」

    と考える方は、楽天ペイにJCBが対応されるのを待つしかありません。

    まとめ:楽天ペイでJCBを使うなら楽天カードを登録しよう!

    • 楽天ペイはJCBカードを登録することができない
    • 現状JCBに対応しているのは楽天カードのみ
    • しかし、今後はJCBやAmerican Expressにも対応予定

    以上、楽天ペイはまだJCBに対応されておらず、楽天カード以外のクレジットカードやデビットカードを利用していきたいのであれば、VisaやMasterCardを登録する必要があります。

    なお、今後はJCBをはじめ、American Expressなどにも順次対応されていく予定となっているので、新たな発表を待ちましょう。

    その間、楽天ペイへのカード登録は、JCBにも対応している 楽天カードがおすすめなので、この機会に是非登録してみてください!

    追伸:最大10,000円のキャッシュバックを"実質タダ"で受けたいあなたへ

    なお、今最もアツいとされているクレジットカードが、最大10,000円までの20%還元キャンペーンを開催しているVIASOカード

    現在VIASOカードでは最大10,000円が“もれなく”キャッシュバックされる20%還元キャンペーンが開催中であり、VIASOカードへ新規登録すれば、誰でも最大10,000円をゲットできます!

    新規入会の方限定!フレフレ2020キャッシュレス20%還元祭 対象ご入会期間2020.2.1(SAT.) - 6.30(TUE.) ご利用金額の20%を、もれなくキャッシュバック!(最大10,000円)

    しかも、貯まったポイントは自動的にカードの利用代金からキャッシュバックされるので、使い道に困る心配も不要。

    なので、VIASOカードの10,000円キャッシュバックでは煩わしいポイント交換の手続きなんてありませんし、もちろん年会費だって永年無料です。

    20%還元キャンペーンの期限は6月30日までなので、遅れないようにしましょう!

     

    三菱UFJニコス「VIASOカード」の概要

    還元率
    • 0.5%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • <新規入会特典>最大10,000円をキャッシュバック!※入会日から3ヶ月後末日まで
    国際ブランド
    • MasterCard
    対応電子マネー
    • QUICPay
    その他主な特典
    • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
    • ショッピング保険サービス:年間100万円まで

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元 dカード+マイナポイントで最大50%還元

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    dカード+マイナポイントで最大50%還元