【悲報】楽天ペイにKyashは登録できない【楽天カードがおすすめ】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、楽天ペイにKyashが登録できるのかについて解説していきます。

「楽天ペイにKyashって登録できるの…?」

と疑問に思っていた方は、是非参考にしてみてください!

※結論、楽天ペイを使うなら 楽天カードを登録して支払うのがおすすめ!

 

楽天ペイにKyash(キャッシュ)は登録できない

楽天グループによって提供されているスマホ決済アプリの「楽天ペイ」ですが、楽天ペイはKyash(キャッシュ)を支払い用のカードに登録することができません。

Kyashと言えば、アプリで発行したVisaカードを使ってWeb上のネットショップで決済をしたり、物理的なリアルカードを使って実店舗での決済をしたりできるキャッシュレス決済サービスです。

出典:Kyash

Kyashは100円につき1円相当(1%)のKyashポイントが付与されるので、「クレジットカード→Kyash→楽天ペイ」といったプロセスでチャージして支払えば、ポイントの3重取りできます。

この「ポイント3重取り」という最強の組み合わせが以前までは使えてましたが、現在は残念ながらそれが利用できなくなっているのです。

楽天ペイでクレジットカードを登録する際は「本人認証(3Dセキュア)」が必須に

なぜ楽天ペイでKyashが使えなくなったのかというと、楽天ペイでカードを登録して支払いする際に、「本人認証(3D)サービス」を通して本人認証を行うことが必須となったからです。

【本人認証サービス(3Dセキュア)とは?】

本人認証サービス(3Dセキュア)とは、オンライン上でクレジットカード決済を安全に利用する為に、各クレジットカードのブランドが推奨している本人認証のこと。

本人認証に対応する各クレジットカードでは本人認証の為のパスワードが生成できますが、2019年10月以降は、楽天ペイ内で「本人認証パスワード」を入力しなければ一切カードを使えなくなりました。

なので結論、本人認証サービスに未対応のKyashは楽天ペイに登録して支払えません。

「でも、それって本当なの…。」

と思ったので、筆者も実際にKyashを楽天ペイに登録しようとしてみたところ、楽天ペイにKyashを登録するまでは無事成功しました。

なので、「あれ、これってKyash登録できるんじゃね…?」

と思いながらいざお店で支払おうと思い、支払い方法を「Kyash」に選択してみましたが、こんな画面が表示され、本人認証パスワードが要求されました。

しかし、Kyashは本人認証サービスに対応していないので、当然ながら本人認証パスワードなんてものはありません。

Kyash Visaカードは本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していますか

恐れ入りますが、Kyash Visaカードの3Dセキュア(本人認証サービス)対応については未対応となっております。

何卒ご了承下さい。

※引用:Kyash HELP

その後、Kyashで本人認証をしようとすると、以下のような画面が表示されたので、やはりKyashは楽天ペイで利用することができませんでした。

楽天ペイへの登録はKyashではなく「楽天カード」を使おう!

というわけで、楽天ペイにクレジットカードを登録してお得に決済していきたいのであれば、楽天ペイと同じ楽天グループによって運営されている 楽天カードを利用していくのがおすすめです。

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって最大6%の還元が得られる

楽天カードは100円の支払いにつき1円相当(1%)の楽天ポイントが貯まるので、楽天ペイと組み合わせればポイントの二重取りも実現します。

2019年12月2日までに楽天ペイで決済すれば、どこで支払っても一律5%が還元されるキャンペーンが開催されてるので、楽天ペイに 楽天カードを登録して支払えば合計6%のポイント還元を受けられます。

さらに、2019年11月以降は楽天ペイでオンライン決済をすると最大5%が還元されるキャンペーンも同時に実施されます。

【楽天ペイ】対象ショップ限定!対象のクレジットカード決済で最大5%還元

なので、ついでにネットショッピングもお得に決済したいと考える人は、「楽天ペイ×楽天カード」の最強の組み合わせを試してみてください!

新規入会&利用で5,000円相当の楽天ポイントもゲットできる!

楽天カードに新規入会&利用すれば、もれなく5,000円相当の楽天ポイントもゲットできます。

楽天カードへの新規入会で2,000ポイント、カードの利用で3,000ポイントが付与されますが、これは実質タダで5,000ポイントを使って自由に買い物ができるようなものです。

もちろん、もらったポイントは楽天ペイでも自由に使っていけるので、合計6%の還元をゲットしながらお得に買い物できます。

楽天カードは年会費が永年無料な上、海外旅行保険も付いているので、楽天ペイを利用していくなら必須の一枚だと言えるでしょう。

楽天カードのスペック

国際ブランド MasterCard / VISA / JCB / AMEX
年会費 永年無料
ポイント還元率 1%
キャンペーン 新規入会&利用でもれなく5,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン
その他主な特典 旅行傷害保険

  • 最高2,000万円

Kyash(キャッシュ)は楽天ペイよりもお得に使える?

「じゃあ、Kyashと楽天ペイならどっちを使った方がお得…?」

と疑問に思う方も多いでしょうが、実はKyashも使い方次第で、楽天ペイを上回る程のお得な還元率を実現できます。

Kyashはクレジットカードと組み合わせれば6%以上の還元率を維持できる

Kyashは実店舗での支払いで1%、ネットショッピングでの支払いで0.5%のKyashポイントが還元されるよう設定されていますが、2020年6月末までなら、「キャッシュレス・消費者還元事業」による還元も合わせて最大6%が還元されます!

image

出典:Kyash

Kyashは普通のクレジットカードとは違い、事前に残高へとチャージして支払うプリペイド型の決済方法なので、ポイント還元のあるクレジットカードをKyashへチャージして使えば、さらにポイント還元率を増やせます。

例えば、1%のポイント還元があるクレカを使ってKyashへチャージして5%還元対象の店舗で支払った場合、その還元率は合計7%となります。

合計7%の還元率となれば、その還元率が楽天ペイを上回ることとなるので、Kyashで支払った方がお得でしょう。

楽天ペイの方がお得となる支払いケースは?

ですが、「キャッシュレス・消費者還元事業」における2%還元の対象店舗で支払う場合は、楽天ペイを使った方が還元率が高くなります。

上述した通り、楽天ペイは現在“どこの店舗で支払っても”5%が還元されるキャンペーンを開催しているので、コンビニをはじめとした大手フランチャイズ店などであれば、楽天ペイでの支払いに軍配が上がるでしょう。

対象店舗の還元率 楽天ペイ Kyash
2%対象店舗 5% 3%
5%対象店舗 5% 6%

5%還元の対象店舗となる店舗

  • 中小・小規模の店舗

2%還元の対象店舗となる店舗

  • フランチャイズチェーン店舗
  • ガソリンスタンド

少しでもお得な支払い方法を追いかけたいなら、場所によって支払方法を変えていくスタイルを採っても良いでしょうが、それが面倒なら、どちらか一本に絞って使っていくのも良いでしょう。

まとめ:楽天ペイはKyash(キャッシュ)ではなく楽天カードで支払おう!

  • 楽天ペイにKyashは登録できない
  • 楽天ペイでクレジットカードを登録する際は本人認証が必須に
  • 楽天ペイへはKyashではなく「楽天カード」の登録がおすすめ

以上、楽天ペイはKyashへ登録することはできないので、楽天ペイを使うなら、楽天ポイントの二重取りが可能な 楽天カードを活用していくのがおすすめです!

なお、Kyashもクレジットカードと組み合わせればポイントの二重取りをしていくことができるので、Kyashと楽天ペイをそれぞれ使い分けしていくのもアリなのではないでしょうか。

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー