楽天ペイの上限金額は?【コンビニは上限金額が変更されるので注意】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 最終更新日: 公開日:

本記事では、楽天ペイを利用する際の上限額について余すことなくご紹介していきます。

楽天ペイって上限金額がどれくらいに定められているの…?

といった疑問を解決していくので、是非参考にしてみてください!

目次

    楽天ペイの利用上限金額はいくら?

    楽天ペイの利用上限額は以下の通りです。

    • 最大50万円まで
    • コンビニの場合は4,000円まで
    • 楽天ポイントや楽天キャッシュは3万円まで

    楽天ペイの利用上限金額は最大50万円まで

    楽天ペイの利用上限金額は、一回の支払いあたり最大50万円までとされており、自身の楽天IDの会員ランクや楽天ペイの利用状況などによって異なるので注意しておきましょう

    なお、楽天ペイは 楽天カードを登録して決済できますが、当然ながら 楽天カードの利用上限に達した場合は50万円未満であっても決済が行えない場合があります。

    コンビニで楽天ペイを使う場合の利用上限額は4,000円まで

    しかし、楽天ペイはローソンなどのコンビニで支払う場合、その上限は一回の支払いにつき最大4,000円までとされています。

    なので、コンビニで4,000円以上の高額な買い物ができない点に注意しておきましょう。

    楽天ペイで貯まったポイントや楽天キャッシュの利用上限額は最大3万円まで

    なお、楽天ペイで貯めた「楽天スーパーポイント」やチャージした「楽天キャッシュ」の利用上限は一回あたり最大30,000円分までです。(※自身の楽天IDの会員ランクや楽天ペイの利用状況などによって異なります。)

    【楽天キャッシュとは?】

    楽天キャッシュとは、楽天ペイの加盟店をはじめ、楽天市場や楽天トラベル、ラクマなどのインターネットサービスで支払いに利用できる電子マネーのこと。

    なお、楽天キャッシュをチャージすれば友人間での送金も行えるので、「友達と銀行口座を介さずにアプリでお金のやり取りをしたい」という方は是非楽天キャッシュをチャージして使ってみてください。

    ▶︎楽天キャッシュをチャージする方法についての詳細はこちら!

    楽天ペイで最大1.5%の楽天ポイントを受け取る方法

    2020年7月1日から楽天ペイで新たな還元制度が始まりましたが、その還元率の内訳は以下の通り。

    結論:楽天カードからチャージ払いするのが一番お得!

    結論、楽天ペイでお得に決済するなら楽天カードを使って残高(楽天キャッシュ)へとチャージするのがおすすめです。

    楽天カードを使って楽天ペイの残高から支払った場合、1.5%のポイント還元を受けられます。

    例えば、200円の買い物をした場合は下記の通りです。

    • 楽天ペイで1ポイント(還元率0.5%)
    • 楽天カードで2ポイント(還元率1%)

    →合計1.5%還元

    楽天ペイをお得に使うなら楽天カードを使おう

    というわけで、楽天ペイで最大となる1.5%の還元率を実現させたいのなら、楽天カードとの連携がマストです。

    なぜなら、「楽天ペイ×楽天カード」の合わせ技でポイントの二重取りができるからです。

    二重取りの内訳(還元率1.5%)は下記の通り。

    • 楽天カードからのチャージ時に楽天カードから0.5%
    • 楽天ペイでの支払い時に楽天ペイから1%

    さらに、今なら新規入会&利用で5,000ポイントが ”もれなく” 獲得できます。

    新規入会するだけで2,000ポイント、そしてカードを使うだけで3,000ポイント。

    もはや楽天ペイを使ってポイントを貯めていきたいなら、楽天カードを使わない手はありません。

    年会費も”永年無料”なので、今回を機に楽天カードを手に入れましょう!

     

    楽天カードの概要

    還元率
    • 1.00〜3.00%
    年会費
    • 永年無料
    開催中キャンペーン
    • 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!
    国際ブランド
    • VISA
    • MasterCard
    • JCB
    • American Express
    対応電子マネー
    • QUICPay
    その他主な特典
    • 旅行傷害保険:最高2,000万円

    楽天ペイで利用上限のエラーが表示されたらどうすれば良い?

    楽天ペイを利用していると、利用上限額のエラーが発生してそれ以上の支払いができないことがありますが、エラーが発生してもセキュリティの観点から詳細は確認不可能だとされています。

    Q.ご利用可能額の上限に達してエラーとなったが上限金額は尋ねることが出来ますか?

    楽天IDの会員ランク・楽天ペイアプリのご利用状況・ご利用店舗等によって上限金額は異なりますが、セキュリティの観点からお答えすることはできません。誠に申し訳ございませんが、ご了承ください。

    上記の通り、楽天ペイの上限は最大で50万円とはされているものの、自身の楽天IDの会員ランクや利用状況によっては、その上限が50万円以下となってしまうこともあります。

    なお、楽天IDの会員ランクは楽天ポイントの獲得回数や獲得ポイント数によって以下のように変化します。

    出典:楽天ポイント

    また、楽天ペイは利用上限額以外に「使用回数」にも制限がかかる場合があるとされていますが、いずれも具体的な上限設定の確認はできません。

    なので、上限金額や使用回数の制限がどうしても気になるという方は、楽天ペイの使用を控えた方が良いかもしれません。

    楽天ペイと他のスマホ決済アプリの利用上限額を比較

    では、楽天ペイとそれ以外の主要なスマホ決済アプリの各利用上限金額を比較してみましょう。

    アプリ名 利用上限金額
    PayPay <PayPay残高>
    ・過去24時間:50万円
    ・過去30日間:200万円<青いバッジがついている+
    本人認証設定済みクレジットカード>
    ・過去24時間:50万円
    ・過去30日間:200万円<本人認証設定済みクレジットカード>
    ・過去24時間:2万円
    ・過去30日間:5万円<本人認証未設定クレジットカード>
    ・過去24時間:5,000円
    ・過去30日間:5,000円
    LINE Pay <本人確認前>
    ・1回:10万円<本人確認後>
    ・1回:100万円
    楽天ペイ ・1回:最大50万円
    ・コンビニ:最大4,000円
    ・楽天ポイント/楽天キャッシュ:最大3万円

    PayPayの場合、「PayPay残高」で支払えば過去30日間まではその利用上限額が200万円となり、過去24時間でも50万円なのでその上限額は十分だと言えます。

    ▶︎PayPayの利用上限額に関する詳細はこちら!

    また、LINE Payも本人確認完了後は1回あたり100万円まで利用できるので、特段上限額に困ることもないでしょう。

    ▶︎LINE Payの利用上限額に関する詳細はこちら!

    しかし、楽天ペイはコンビニだと上限額4,000円までといった縛りがあったり、楽天ID会員のランクや利用状況によって上限が変動したりするので、スマホ決済を使って頻繁に支払いしていきたい方は、その他のアプリもインストールしておきましょう。

    楽天ペイの利用上限額に関するまとめ

    • 楽天ペイの利用上限金額は最大50万円まで
    • コンビニで楽天ペイを使う場合の利用上限額は4,000円まで
    • 楽天ペイで貯まったポイントや楽天キャッシュの利用上限額は最大3万円まで

    以上、楽天ペイは一回あたりの利用上限額が50万円までとなっていますが、自身の楽天IDの会員ランクや楽天ペイの利用状況などによって異なるので注意が必要です。

    なお、楽天ペイで最大10,000円までのキャッシュバックを受け取りたいなら、期間限定で20%還元のあるVIASOカードを登録して支払っていきましょう。

    是非この機会にVIASOカードも登録してみてください!

    執筆者プロフィール

    Kenta Fujii

    編集長 ふじい けんた

    フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、フリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

    スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

    VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス