楽天ペイの実店舗用決済端末を導入するメリット【今なら初期費用が無料】

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開日:

本記事では、楽天ペイの実店舗用決済端末を導入するメリットや取引手数料について紹介していきます。

「キャッシュレス決済を店舗で導入したいけど、楽天ペイの端末って実際どうなの…?」

といったあなたの悩みを解決していくので、是非参考にしてみてください!

楽天ペイは実店舗決済用の端末を使ってキャッシュレス決済を導入できる!

楽天グループによって提供されているスマホ決済アプリの「楽天ペイ」ですが、楽天ペイは専用の端末やQRコードを設置すれば、実店舗でのキャッシュレス決済が導入できます。

なお、楽天ペイは「アプリ決済・クレジット決済・電子マネー決済」の三つに対応しています。

アプリ決済

楽天ペイのアプリ決済は、専用端末が不要でQRコードを使ったアプリ決済を提供できます。

なお、アプリ決済では楽天ペイに加え、2019年10月に利用ユーザー600万人を突破した「au PAY」にも対応しています。

クレジットカード決済

楽天ペイのクレジットカード決済は、以下の主要6ブランドに対応した決済サービスを提供しています。

  • VISA
  • MasterCard
  • American Express
  • JCB
  • ダイナーズクラブ
  • DISCOVER

電子マネー決済

楽天ペイの電子マネー決済は、以下の多数の電子マネーに対応しています。

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
  • Suica
  • ICOCA
  • manaca
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • iD 等

このように、主要な交通系電子マネーからApple PayやiD、QUICPayにも全て対応しています。

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって楽天ペイがお得に導入できる!

出典:キャッシュレス・消費者還元事業

2019年10月1日以降、日本では政府主導の「キャッシュレス・消費者還元事業」といった取り組みが実施されており、これによってこれからキャッシュレス決済を導入する事業者は様々な優遇を受けられるようになります。

【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】

2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。

同還元事業は経済産業省による監督のもと、一般財団法人キャッシュレス推進協議会が事務局を運用している。

▶︎詳しくはこちらで解説しています!

また、同還元事業の対象となる中小・小規模店舗は、今後キャッシュレス決済を導入する際に以下のような特典を受けられます。

  • 決済手数料の3分の1は国が補助してくれる
  • 決済端末の導入費用や設置費用が無料となる
  • 消費者へ最大5%還元されるので集客力アップに繋がる

決済端末の導入費用が無料となる

メリット1

同還元事業に登録して対象の店舗として認められると、決済端末の費用が自己負担ゼロで導入できます。

そもそも楽天ペイでは、クレジットカード・電子マネーに対応した端末を普通に購入すれば、合計数万円の費用がかかってしまいます。

ですが、同還元事業に登録すれば決済端末が無償で付与されるので、これからキャッシュレス決済を導入しようと考えている人にとって、もはやこれに登録しない理由はないでしょう。

決済手数料の3分の1を国が負担してくれる

メリット2

同還元事業に登録すれば、国によって決済手数料も3分の1まで負担してもらえます。

キャッシュレスの導入でかかる「決済手数料」は店舗側の売上を圧迫する要因の一つとなりえます。

ですが、国が手数料を負担してくれることで、様々な決済手段により低コストで対応できるようになるでしょう。

消費者へ5%が還元されるので集客力UPに繋がる

メリット3

さらに、同還元事業ではキャッシュレスで支払ったユーザーに対し、最大5%のポイント還元を付与する仕組みも用意されています。

なので、同還元事業に登録していれば、消費者へのポイント還元の原資すらも負担してもらえるので、ポイント還元による集客力UPも十分見込めるようになるでしょう。

▶︎「キャッシュレス・消費者還元事業」の詳細はこちらで解説!

楽天ペイの実店舗用決済を導入するメリット

では、楽天ペイを実店舗で導入するメリットを見ていきましょう。

様々なキャッシュレス決済に対応している

楽天ペイは「QRコード、クレジットカード、電子マネー」といった様々なキャッシュレス決済に対応しているので、もうお客さんを支払い時に困らせる心配もなくなるでしょう。

それだけではなく、楽天ペイは店舗での売上をWeb上やアプリ上で全て一限管理できます。

なので、一日にどれだけの売上を現金の時よりも可視化できるようになります。

今ならキャッシュバックキャンペーンが開催されているので初期費用が実質無料

楽天ペイ カードリーダー

楽天ペイでは、2019年10月1日以降に「キャッシュレス・消費者還元事業」に加盟店登録をしてから申し込みすれば、クレジットカード・電子マネー対応リーダーの購入金額の全額である19,800円のキャッシュバックが得られます。

もう一度言います。全額です!

上述した通り、キャッシュレス・消費者還元事業では対象の加盟店における決済端末の費用を全額負担してもらえるので、今なら楽天ペイの実質導入初期費用が実質無料で設置できます。

楽天銀行を指定すると365日いつでも最短翌日で入金できる!

楽天ペイの指定口座を楽天銀行にすると売上が翌日入金・振込手数料無料! 楽天ペイの振込口座なら、楽天銀行がおトク!

なお、楽天ペイの指定口座を楽天銀行に設定すれば、365日いつでも最短翌日で自動入金され、振込手数料も0円で済ませられます。

その他の金融機関を利用する場合、楽天ペイの管理画面から入金依頼を行う必要があり、振込手数料も1回につき330円かかってしまいます。

ですが、楽天銀行を申込んで設定しておけば、

「売上金をすぐに現金化したい…。」

といった悩みを解決でき、手数料も無料なので資金繰りで困ることもなくなるでしょう。

楽天ペイの実店舗用決済の導入でかかる取引手数料は?

楽天ペイで通常発生する取引手数料は以下のように異なります。

アプリ決済の場合

アプリ決済の場合の決済手数料は3.24%です。

アプリ決済

クレジットカード決済の場合

クレジットカード決済の場合、「VISA、MasterCard、American Express」であれば3.24%、そして「JCB、ダイナーズ、DISCOVER」であれば3.74%です。

主要6ブランドに対応

なお、楽天カードでの支払いの場合は、ブランドがJCBであっても手数料3.24%で利用できます。

電子マネー決済の場合

電子マネー決済の場合、以下のように主要な電子マネーは3.24%、そして「QUICPay、Apple Pay、iD」などは3.74%に設定されています。

主要14ブランド※1に対応

今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で実質手数料が2.16%に

しかし、これまで何度もお伝えしてきた「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録すれば、上述した決済手数料の3分の1が国によって優遇されるので、決済手数料を実質2.16%にすることが可能です。

手数料が優遇される期間は2020年6月までとなっているので、どのみちキャッシュレス決済を導入したいと考えている人は、早めに同還元事業に登録して導入した方が良いでしょう。

楽天ペイ以外のキャッシュレス決済はどんなものがある?

では、楽天ペイ以外に存在するおすすめのキャッシュレス決済サービスを紹介していきます。

PayPay(ペイペイ)

最初におすすめするのが、利用ユーザー数1,500万人、そして加盟店数150万ヶ所を達成した主要なスマホ決済サービスの「PayPay」です。

今全国で爆発的に普及が拡大しているのがこのPayPayですが、PayPay2021年9月30日までの期間であれば、決済手数料が無料で導入できます。

ご覧の通り、PayPayは「初期導入費・決済手数料・入金手数料」も全て0円で導入する事ができるので、比較的キャッシュレス決済の導入を低いハードルで、かつ手軽に行えるのでおすすめです!

AirPAY(エアペイ)

次におすすめなのが、リクルートグループの運営しているAirPAYです。

AirPAYと言えば、iPad、またはiPhoneとカードリーダー端末一台で、全26種類のキャッシュレス決済に対応するサービス。

AirPAYは主要なクレジットカードや電子マネー、スマホ決済からポイントカードなど、様々な支払い方法に対応していますが、今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって、iPadやカードリーダーなどの決済端末費用が0円で導入できます。

AirPAYなら利用用途が決済のみに限らない「iPad」も無料で手に入るので、これは全事業者にとって超絶お得なキャンペーンとなっています。

また、決済手数料も今なら実質2.16%で2020年6月末まで適用されるので、この波に乗り遅れないよう早めにAirPAYに申し込んでおいてくださいね!

楽天ペイで実店舗用決済の端末を申し込む方法

楽天ペイの実店舗用決済の端末を申し込み、加盟店審査を通過するまでのプロセスは以下の通りです。

1.加盟店登録申し込み

2.本人確認資料(法人契約の場合は法人確認資料)の提出

3.Visa ・ Mastercardの審査(審査結果の通知は原則3営業日以内)

4.JCB・American Express・Diners Club・Discoverの審査(審査結果の通知は原則2週間程度)

5.au PAYの審査(審査結果の通知は原則2週間程度)

上記のように、各審査に要する期間は比較的長めなので、余裕を持って申し込みしておいた方が良いでしょう。

なお、現在「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録に伴い申し込みの殺到も考えられるので、記載した審査日数より時間がかかってしまうことも想定されます。

その申し込み方法ですが、まずは楽天ペイのトップページから右上にある「お申し込み」をタップしてください。

次に以下のような申し込みフォーマットが表示されるので、画面の指示に従って必要事項を記入してください。

まとめ:楽天ペイの実店舗用決済を使ってキャッシュレス決済を導入しよう!

楽天ペイを実店舗で導入するメリットのまとめ

  • 今ならキャッシュバックキャンペーンが開催されているので初期費用が実質無料
  • 楽天銀行を指定すると365日いつでも最短翌日かつ無料で入金できる
  • 今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」で実質手数料が2.16%に

以上、楽天ペイは多数のキャッシュレス決済に対応していますが、今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」によって端末の導入費用や決済手数料がかなり優遇されます。

「いつかはキャッシュレス決済を導入しないとな…。」

こう考えていた人にとって、ちょうど今が最適の導入タイミングなのではないかと思います。

そのお得な還元期間は「2020年6月末まで」となっているので、遅れてしまわないよう、なるべく早めに申し込みを行ってみてください!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー