ビットコインATMはどこにある?主要な設置場所と使い方を解説

仮想通貨 公開:2018-12-31 最終更新:2019-03-25

ビットコインATMというものをご存知でしょうか?おそらく見たことが無い方も多いでしょう。本記事では、ビットコインATMの使い方や設置場所といった点を余すことなくお伝えしていきます。

ビットコインATMとは

アイキャッチ画像

ビットコインATMとは、ビットコインの購入・売却ができるものです。銀行のATMとよく似た形で、店舗や企業などに設置されています。

現在においては一般的な取引所や販売所での購入・売却と違い、口座を開いたりする必要がないのでお手軽に利用できます。

以降で、ビットコインATMについて余すことなく解説していきますので、参考にしてください。

ビットコインATMの使い方

まずはビットコインATMの使い方について解説していきます。ATMといっても、仮想通貨そのものが実体を持たないデータの塊であるため、銀行のATMなどとは使い勝手が違います。

ビットコインATMを利用するには「ウォレット」を自身のスマートフォンやタブレットにダウンロードしてください。

ウォレットとは、ビットコインやその他の仮想通貨を管理する専用のお財布のことで、現在では数多くのウォレットが存在します。

ATMでのビットコイン取引では、このウォレットを利用するので事前にダウンロードして使えるようにしておきましょう。

大体のウォレットはGoogleplayやApp Storeで無料で手に入るので費用や手間が罹る心配はありません。

お勧めのモバイルウォレットを3つご紹介しておきます。

・Bread Wallet

App Storeからダウンロード

Googleplayからダウンロード

・Blockchain

App Storeからダウンロード

Googleplayからダウンロード

・Copay

App Storeからダウンロード

Googleplayなし

ビットコインを買う

まずは現金をビットコインに変える方法についてです。以下の手順に沿ってビットコインを購入してみましょう。

  • 本人確認をする(顔・指紋認証)
  • ATM画面の「購入」ボタンを選択
  • 購入分の金額を入力(日本円)
  • お金を入れる
  • ATM画面上にQRコードが表示される
  • 自身のウォレットを開きQRコードの読み取り機能を起動
  • QRコードを読み取る
  • 自身のウォレットにビットコインが送金されたことを確認して完了

上記のような流れでビットコインを購入します。ATMの機器によって、手順は微妙に異なるかもしれませんが、やることは同じです。

ビットコインを現金化する

続いてはすでに保有しているビットコインを現金化する方法についてです。以下の方法に従ってビットコインを売却してください。

  • 本人確認をする(顔・指紋認証)
  • ATM画面の「売却」ボタンをクリック
  • 売却したい金額を入力
  • ウォレットを起動させて、QRコードを表示させる
  • ATMにQRコードを読み込ませる
  • ATMから入力した金額分の現金を引き出せたら完了

基本的には購入と同じですが、違うのはQRコードをATMに読み込ませる点です。こちらも、機器によって手順は違うかもしれないのでご注意ください。

手数料がかかるので注意

ビットコインATMの利用は、購入にしても売却にしても「手数料」がかかります。取引する金額の中から自動的に手数料が引かれますのでご注意ください。

この手数料は、時期やATMの機器によって違うので、一概にこれくらいとは言えないのですが、だいたい2%〜10%程度が手数料としてかかるようです。

つまりは、10万円分の取引なら最低でも2000円程度はかかるということです。

ビットコインATMはどれくらいある?

上の画像は世界中のビットコインATMの情報を発信する、Coin ATM Radarというサイトの画像です。ご覧のとおり、現在では4000台以上あるビットコインATMのその半数以上がアメリカに存在しています。

ビットコインATMのある場所(国内)

ビットコインATMは日本には10台未満です。そして、日本の仮想通貨法の規制により現在はそのほとんどが休止している状態です。

しかしいず再開する可能性は十分にありますので、その場所を知っておいて損はないでしょう。

以降で、国内のビットコインATMの設置場所をご紹介します。

東京都にあるビットコインATM

・回転寿司酒場 銀座沼津港(寿司屋)

住所:東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ8階

・ワールドスターカフェ(カフェ)

住所:東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビル B1F

・Fujicryptoオフィス(企業)

住所:東京都港区麻布十番二丁目5番2号 JMNビル3階

・BERG AND WEST(クラブ)

住所:東京都港区西麻布1-10-11 セソーラス西麻布B1F

茨城県にあるビットコインATM

・ガレットカフェ アガト(カフェ)

住所:茨城県つくば市二の宮2-15-21

大阪府にあるビットコインATM

・ROUGH LABO TECH(コワーキングカフェ)

住所:大阪市西区江戸堀1丁目19−23 NAGASAKIビル206

岡山県にあるビットコインATM

・Cafe&Dining PEACH(カフェ)

住所:岡山県岡山市北区磨屋町6-23 2F3F

広島県にあるビットコインATM

・プチコロン(カフェ)

住所:広島市中区橋本町2-19 ハイライフ橋本町1F

福岡県にあるビットコインATM

・FUTURE EXCHANGE JAPAN(外貨両替)

住所:福岡市中央区渡辺通1丁目1番1号 サンセルコ1F

ビットコインATMの普及によるメリット

アイキャッチ画像

前述の通りビットコインATMそのほとんどが一時的に利用を休止している状態です。

しかし、あくまでも休止状態なので、これから再開する可能性は十分にあります。そして、ビットコインATMが普及して日本での数が増えればどのようなメリットがあるのかを以降で解説いたします。

仮想通貨がより身近になる

純粋にコスト面を考慮するなら、ビットコインATMでの取引よりも取引所などで購入・売却した方がお得です。取引所の方がはるかに手数料が安いからです。

しかし、取引所でのビットコイン取引をするとなると、まず口座を開設した後に本人確認書類の提出、場合によっては2段階認証の設定が必要となり時間と手間がかかります。

加えて、取引所でのビットコインの購入・売却は株やFXの取引経験が無い方にとっては、やや仕組みが複雑でハードルが高いの現状です。

その点ビットコインATMなら、時間のかかる登録は必要なく、取引のシステムもとてもシンプルです。何よりも、ATMという身近な機器というのがとてもとっつきやすいイメージと言えます。

資金の緊急避難先となる

過去のビットコインのATMが大活躍した事例があります。それは2011年に大きな話題となったギリシャの財政破綻である「ギリシャ危機」が発端となっています。

ギリシャ危機の煽りを受けて、財政難となったギプロスという国は、国民が銀行に預けている自国通貨の一部を政府が強制的に徴収するという異例の政策を出しました。加えて、銀行から現金を引き出すことを制限しました。

これにより、ギプロスの国民は大混乱となり現金が引き出せないため生活することすらできなくなってしまう方が続出したのです。

そこで、ビットコインATMが救いの手となったのです。政策を実行する前に資金をビットコインに換えた国民は資金を守ることに成功しました。

そして、保有しているビットコインをATMで現金に換えることで、引き出し制限がかかった状態でも現金を手にすることができたのです。ビットコインは、国家という概念が無いため、緊急時の資金避難ツールとして非常に優れています。

日本で、このような財政危機が生じる可能性は高くありませんが、絶対にありえないというほどではありません。さらに、大地震のときなどは法定通貨や株価などが大きく下落するので、その際にもビットコインATMを利用すれば、資金を守ることができるかもしれません。

まとめ

ビットコインATMは、現状においてはまだまだ普及しているとは言い難く、仮想通貨法の規制により利用ができない状態となっています。

しかし、ビットコインATMが再開しその数が増えればビットコインのみならず仮想通貨がより身近な存在となり、市場規模拡大に繋がるかもしれません。

また、災害時などインターネットが利用できない場合など、思わぬ時に役にたつ可能性があります。

この記事を執筆した人

野崎隆央

野崎隆央

仮想通貨・株・為替などをメインに執筆しているフリーライター。これまではFXをメインに投資していたが、市場の広がりとともに、仮想通貨の投資も開始。調べた知識だけでなく、自身の投資経験に即した実践的なノウハウの執筆を得意とする。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。