【iPhone向け】Bittrex(ビットトレックス)アプリの使い方|API連携や取引などの方法を徹底解説

仮想通貨 最終更新日: 公開日:

トップ画
Bittrexを登録している方で、手軽にiPhoneから取引したり情報を確認したいと思っている方も多いのではないでしょうか。本記事では、Bittrex(ビットトレックス)のiPhoneアプリのインストール方法・使い方を解説します。
アプリを使いこなして、いつでも、どこでも取引・管理のできる状態を目指しましょう。

Bttrex(ビットトレックス)とは

bittrexホーム画面

出典:Bittrex

Bittrex(ビットトレックス)とは、アメリカに拠点を置く世界でも最大規模の仮想通貨取引所であり、Bittrex.Incによって2014年に設立されました。
Bittrexは現在日本語には対応していませんが、2018年10月現在200種類以上の仮想通貨が取引されており、日本の取引所には上場されていないマイナーな仮想通貨がリストアップされているという魅力があります。
Bittrexについての詳細はこちら!

Bittrex(ビットトレックス)に公式アプリはない

本記事ではBittrexのアプリについて紹介するのですが、実はBittrexはまだ公式アプリをリリースしていません。
しかし、Bittrexは他のアプリとソフトウェア機能を連携するための「API(ApplicationProgrammingInterface)」を公表しており、そのAPIKeyを取得する事でサードパーティーのアプリでBittrexの情報確認や取引が出来るようになります。

なので、Bittrexでの取引をスマホで行う場合はサードパーティーの取引アプリをインストールする必要があります。

Bittrexの情報をスマホで見るなら「Third party Bittrex」のアプリが使いやすい

現在出ているサードパーティーアプリの中でも、自身のBittrex内の情報をスマホで管理するのに使いやすいアプリが「Third party Bittrex」です。

同アプリでは実際に入出金や取引等は行えず、一部取引が制限されている部分がありますが、Bittrexのアカウントと連携して相場や残高、入出金及び注文履歴などを確認することができます。
Bittrexアプリ
なので、外出先にてBittrexに関する情報を少し確認したい際に活用する事が可能です。

Third party Bittrexのインストールはこちらから!

Bittrex(ビットトレックス)アプリのインストール方法

では、Bittrexのアプリのインストール方法ですが、こちらから「Third party Bittrex」をインストールしてください。
Bittrexアプリ
「入手」をタップすればインストールすることが出来ます。

Bittrex(ビットトレックス)アプリの使い方

では、Bittrexのアプリの使い方について見ていきます。

まずはWebサイトの二段階認証を設定する

まずはBittrexのWebサイトからAPIKeyを取得してくる必要があるのですが、その前に「二段階認証」を設定しておきましょう。
この二段階認証を設定しておかなければAPIKeyを取得する事が出来ません。

その設定方法ですが、BittrexのWebサイトからログイン後、「Settings」から「Two-Factor Authenitcation」をクリックして下さい。
二段階認証設定
画面上にあるQRコード、またはセキュリティキーをスマホアプリ「Google Authenticator」の方から読み取り、アプリ内に表示されている6桁の認証コードをWebサイト内の「Authentication Code」の欄に入力して下さい。
そしてその後は「Enable 2FA」をクリックしすればメールが届くので、送付されたメール内のリンクをクリックし、以下の画面から再度6桁の認証コードを入力して完了させましょう。
二段階認証設定

APIでの連携・ログイン方法

アプリで連携する為には上述した通りまずはAPIKeyを取得する必要がありますが、以下の通り「Settings」から「API Keys」をクリックし、「Add new Key」を取得して下さい。
API Keyの取得
するとAPIKeyが追加されるので、以下の項目を確認し、権限を許可して「Save」を選択しましょう。

  • READ INFO・・・アカウント残高等の表示
  • TRADE LIMIT・・・仮想通貨取引の指値注文に関する操作
  • TRADE MARKET・・・仮想通貨取引の成行注文に関する操作
  • WITHDRAW・・・仮想通貨の送金に関する操作

Saveを選択すると二段階認証の認証コードを入力します。
二段階認証
するとAPIKeyが表示されるので、これをアプリ内で入力します。
APIKey
アプリ内では以下のように「Settings」から「APIKey」をタップします。
アプリでのAPIKey設定
次にAPI連携に必要な「Key」と「Secret」をそれぞれ入力します。(スマホサイトからBittrexのAPIKeyを取得すれば、Keyをコピー&ペーストして連携する事が出来ます。)
APIKey
全て入力すると最後に「Save」をタップしましょう。
APIKey入力
これでBittrexとのAPI連携は完了です。

自分の資産や入出金の履歴を確認する

まず、資産の確認方法ですが、「Account」から「Balance」をタップすれば確認する事が出来ます。
資産残高の確認

そして、入出金の履歴についてはその下にある「Deposits」ないしは「Withdrawals」をタップしましょう。
アプリでの入出金確認

Bittrexをアプリで取引するなら「コイン相場」がおすすめ

先述したThird party Bittrexでは実際の取引などは出来ませんでしたが、あらゆる仮想通貨のチャートやポートフォリオなどを確認できる「コイン相場」を活用すれば実際に取引をする事が出来ます。
コイン相場は日本のICO検索エンジンであるCOIN JINJAが提供しているアプリであり、他のアプリと違って全て日本語に対応していて非常に使いやすくなっています。

コイン相場のインストールはこちらから!

コイン相場で仮想通貨を取引する

では、コイン相場を使ってBittrexの取引を実行する方法ですが、まずはアプリを開いて右下の「ピックアップ」から「取引」をタップして下さい。

次に画面右上にある「+」をタップします。

そしてAPI連携をしたい取引所を選びますが、ここでは「Bittrex」を選択するとします。

取引所を選択後、API連携の為の各キーをその取引所から取得して入力します。

APIキーを入力後、以下のような取引画面が表示されるので、「買う」「売る」から実際に取引を行いましょう。
コイン相場取引画面

Bittrex(ビットトレックス)アプリのまとめ

以上がBittrexのスマホアプリについてでしたが、本記事で紹介したアプリはいずれも公式のものではなく、基本的に使える機能が制限されています。

なので、「外出先でスマホから情報を確認する場合」や「取り急ぎスマホで取引を進めたい場合」などに、各アプリの活用がおすすめです。

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー