Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)ライト版アプリの使い方は?画像で分かりやすく解説!

仮想通貨 最終更新日: 公開日:

アイキャッチ画像

Liquidを登録している方で、手軽にスマホから取引したい方も多いのではないでしょうか。
本記事ではLiquidの専用アプリである「Liquid by quoine(リキッドバイコイン)ライト版」の使い方や入金・出金方法などを解説します。
アプリを使いこなして、いつでも、どこでも取引できる状態を目指しましょう!

仮想通貨取引所Liquid(リキッド)とは

Liquid公式サイト

出典:Liquid

Liquid(リキッド)とは、QUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所であり、「QUOINEX」から改名して2018年9月5日にリニューアルした新設の取引所です。
このLiquidは、2018年10月時点でビットコイン(BTC)現物の取引高が日本国内1位となっており、全体のおよそ52%を占めています。
BTC取引高の国内シェア

出典:Bitcoin日本語情報サイト

なお、Liquidは日本円以外にも米ドルやユーロなどを含む計12種類の法定通貨ペアが存在しており、グローバル基準の仮想通貨取引所を目指しています。

>>>Liquidに新規登録したい方はこちら!

Liquid(リキッド)の専用アプリLiquid by Quoineライト版の特徴

Liquidでは「Liquid by quoine(リキッドバイコイン)ライト版」といったアプリが2018年9月に新しくリリースされており、「iOS版」と「Android版」の両方でインストール出来ます。
liquidアプリ

出典:App Store

なお、同アプリを活用するメリットは以下の通りです。

  • Webサイト上のみに限らず、スマートフォーン上でも気軽に取引する事が出来る
  • アプリ内で資産ポートフォリオも即座に確認が出来る
  • アプリ内から通貨の入金・出金を行う事が出来る

Webサイトと比べて使いやすい点

同アプリはWebサイト上にアクセスしなくても、スマートフォン上のアプリから直接ログインする事ができるので、外出中や隙間時間などの使用に最適です。
外出中の場合、PC上でWebサイトから取引所にアクセスするのは不便でしたが、アプリを用いる事で即座にログイン出来るので便利です。

Webサイトと比べて使いにくい点

一方、アプリの取引画面上のチャートはやや簡易的であり、テクニカル分析を行いながらトレードしたい場合は使いにくい点があります。
Liquid取引画面
上記の画面のように、PC上のWebサイトであればテクニカル分析が可能なチャートや取引板が一目で確認できるのですが、アプリでは画面が小さく、チャートが簡易的である為に不便な点もあります。
アプリの取引画面

 

Liquid by Quoineライト版アプリのインストール方法

Liquid by Quoineを利用したい場合、「App Store」「Google Play」のいずれかからアプリをインストールする必要があります。
アプリ
自身の所有するスマートフォン端末に応じて、各アプリストアからインストールするようにしましょう。

>>>iOS版でアプリをインストールしたい方はこちら!
>>>Android版でアプリをインストールしたい方はこちら!

Liquid by Quoineライト版アプリの使い方

では、以下よりLiquid by Quoineライト版アプリの使い方を解説していきます。

ログイン方法

ログイン方法ですが、アプリのインストール後は以下の画面から「ログインする」をタップして下さい。
ログイン画面
次に「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「ログインする」をタップして下さい。
ログイン画面
すると、二段階認証を既に設定している方は以下のような認証画面が表示されるので、二段階認証アプリから6桁のコードを読み取って入力しましょう。
二段階認証の画面
その後、4桁のパスコードの設定が求められるので、自身で任意のパスコードを入力して下さい。

その後、無事ログインが完了します。

自分の資産を確認する

次に自分の資産の確認方法ですが、ログイン後左上のメニューボタンをタップし、以下の赤枠にある「ポートフォリオ」を選択して下さい。
ポートフォリオ
ここで各通貨の残高が表示されるようになります。

日本円・仮想通貨を入金する

アプリから通貨を入金したい場合、メニューから「入金」をタップし、以下の画面へと移ります。

日本円を入金したい場合、「JPY」を選択して以下の画面上の通り、「入金方法」「銀行名」「入金額」をそれぞれ選択して「入金申請」を行います。
日本円入金
また、仮想通貨を入金する場合は自分が送金したい通貨を選択し、以下の画面上からQRコード、もしくは入金アドレスを送付元のウォレットへと読み取りさせましょう。
仮想通貨の入金

日本円・仮想通貨を出金する

アプリから出金を行う場合、メニューから「出金」をタップし、以下の画面へと移ります。
出金画面
日本円を出金したい場合は「JPY」を選択します。
なお、出金先の銀行口座が登録出来ていない場合は、以下の画面より銀行口座をする登録必要があるので、フォーマットに沿って必要事項を記入して下さい。
銀行口座の登録
銀行口座を登録後、「銀行名」と「入金額」をそれぞれ入力して出金申請を完了させましょう。
次に仮想通貨の出金ですが、自分が出金したい仮想通貨を選択後、まず出金先のアドレスを登録する必要があるので、以下の画面から出金先アドレスを入力して下さい。

「次へ」をタップすると、出金先アドレスを認証する為の「認証トークン」が自身のメールアドレス宛に送付されるので、以下のメール内の赤枠にある認証トークンをアプリ上で入力して下さい。

認証トークンを入力後は出金先アドレスが登録されるので、数量を入力して「出金する」をタップして下さい。
出金
これで仮想通貨の出金は完了です。

チャートの見方

Liquid by Quoineライト版アプリでは「折れ線」と「ローソク足」の2種類のチャートを表示させる事が出来ます。
チャート画面
このチャートの表示を切り替える方法ですが、まずメニューから「アプリ設定」をタップします。
アプリ設定
その後は「チャート表示設定」をタップする事で切り替える事が出来ます。

なお、チャートの時間軸は以下の赤枠から変更する事が可能です。
チャート

仮想通貨を売買する

Liquid by Quoineライト版アプリで仮想通貨を売買する場合、メニューから「取引所(ホーム)」をタップして以下の画面に移り、以下の赤枠内から取引したい通貨を選択した後「取引画面を開く」をタップしましょう。
仮想通貨取引
その後は取引画面に移るので、成行注文の場合は取引したい通貨の数量を指定して「買う」もしくは「売る」をタップして下さい。

なお、成行注文ではなく通貨の「数量」と「価格」をそれぞれ指定して取引したい場合は「指値」を選択して下さい。
成行注文

Liquid by Quoineライト版アプリのまとめ

以上がLiquidのスマートフォンアプリである「Liquid by Quoineライト版」についてでしたが、同アプリは取引・資産確認・入金・出金と全ての機能が備わった非常に便利なアプリです。
スマホアプリが一つ備わっていれば、外出先や緊急時でも即座に入金したり、取引を進めたりする事が可能です。
Liquidで頻繁に取引をしている方にとって、Liquid by Quoineライト版は必須のアプリだと言えるでしょう。

>>>iOS版でアプリをインストールしたい方はこちら!
>>>Android版でアプリをインストールしたい方はこちら!

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー