仮想通貨取引所を「手数料」で選ぶ!国内・海外取引所の手数料を徹底比較!

仮想通貨 2018-11-27

仮想通貨取引所選びにおいて、「手数料」はとても重要なチェックポイントです。なぜなら手数料は、仮想通貨取引をしていく上で定期的に発生する「コスト」となるからです。そこで、「手数料の安い取引所」を国内と海外それぞれでTOP5のランキング形式でご紹介していきます。

仮想通貨取引所の手数料の種類

仮想通貨取引所における手数料とは、取引や入出金といったような「取引所の利用料金」といったところです。

今やどんな取引所でも口座解説は無料となっていますが、実際に使うとなるとある程度の費用は発生するものです。

そして、その費用の度合いは取引所によって違います。以降では、手数料の安い仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介していきます。

審査ポイントは以下の4点です。

  • 売買手数料(ビットコイン)
  • 売買手数料(アルトコイン)
  • 入金手数料
  • 出金手数料

上記の4つの手数料を総合的に踏まえてランク付けをさせていただきました。ちなみに中には取引所と販売所やFXを併設しているところもありますが、今回は取引所のみを対象としていますのでご了承ください。

手数料の安い国内仮想通貨取引所ランキングTOP5

まずは日本国内の取引所のランキングTOP5をご紹介いたします。

1位.DMMBitcoin

DMMBitcoinは、「DMM.com証券」という企業が運営している取引所です。金融業界では老舗企業で、仮想通貨の他にも為替取引サービスも長年運営しています。信頼度は折り紙つきと言えるでしょう。

さらに仮想通貨取引ができるスマートフォンアプリも配信していて、非常に使いやすい点が好評です。

取り扱い仮想通貨は7種類と国内取引所としてはまずまずといったところです。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) 無料
売買手数料(アルトコイン) 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

蒸気がDMMBitcoinの手数料一覧です。見ての通り全て無料です。ここまで無料化を進めている取引所は世界的にも珍しく、第一位となりました。

2位.BITPoint

BitPoint(ビットポイント)も親会社である「Remixpoint」という企業が上場しているので、信頼度は非常に高いと言えます。

さらにこちらの取引所は、株やFXなどでもユーザーの多い「MT4」という相場分析ツールを搭載しており、上級者でも不便なく使える点が好まれています。

取り扱い仮想通貨は5種類とやや少なめです。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) 無料
売買手数料(アルトコイン) 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

BitPointも基本的には全て無料と、とても良心的な運営スタイルと言えるでしょう。ただ、取り扱っている仮想通貨の種類が少ないため2位とさせていただきました。

3位.Liquid by Quoine

Liquid by QuoineはかってはQUOINEXという取引所として有名でしたが、2018年に名称が変わり「リキッドバイコイン 」という取引所として生まれ変わりました。

以前より強固なセキュリティに定評がある取引所で、それはそのままに外貨10種類での取引を可能にするなど、グローバルな発展を目指せる仕様となっています。

取り扱い仮想通貨は5種類とやや少なめです。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) 無料
売買手数料(アルトコイン) 無料
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:500円

仮想通貨:無料

Liquid by Quoineも大体の手数料が無料となっていて良心的です。惜しいのは日本円の出金手数料がかかってしまう点で、ここを考慮して3位とさせていただきました。

4位.bitbank

bitbank(ビットバンク)は、60種類以上のテクニカルツールでの分析を可能にするチャートに定評がある取引所で、上級者からの支持率が高いです。

そして、スマートフォンアプリの使い勝手が非常に良く、WEBサイトの機能をほとんどアプリで賄えてしまうというユーザビリティに優れたアプリが高評価です。

取り扱い仮想通貨は6種類とまずまずといったところです。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) 無料
売買手数料(アルトコイン) 無料
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:540/756円(3万円以上)

ビットコイン:0.001BTC

リップル:0.015XRP

イーサリアム:0.005ETH

bitbankにおいては、売買手数料は無料となっていますが、出金手数料がやや割高なので4位とさせていただきました。

5位.GMOコイン

GMOコインは、親会社がインターネットサービスにおける老舗企業であるため、強固なサーバーに定評があります。

加えて、WEBサイトのユーザーページが非常にシンプルで見やすく、初心者にもお勧めできる取引所です。

元々は販売所だったのですが、2018年に取引所のサービスを開始しました。そのためか、今の所は取引所で取り扱っているのはビットコインのみとなっています

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) Maker:無料

Taker:0.1%

売買手数料(アルトコイン) Maker:無料
Taker:0.1%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

今回のランキングでは唯一売買手数料がかかる取引所なので5位となりました。

ちなみにMakerというのは指し値注文のことで、価格を自身で指定してその価格で売ってくれるユーザーを待つという注文方法です。

Takerは成り行き注文のことで、「板」と呼ばれる注文板にすでにある価格で購入する注文方法で、即時に購入できます。

手数料の安い海外仮想通貨取引所ランキングTOP5

続いては海外の手数料ん安い取引所をご紹介いたします。なお、海外取引所の場合はアルトコインの種類が非常に多く、出金手数料はコインによって違います。

そのため、アルトコインにおいては出金手数料の良し悪しが判断しにくいので、ビットコインの出金手数料のみを考慮させていただいたことをご了承いただければと思います。

1位.Binance

Binance(バイナンス)は世界で最も取引量の多い取引所とされ、紛れもなく世界トップクラスの仮想通貨取引所と言えます。

取り扱い仮想通貨は120種類以上と多く、さらに国内取引所と違い本人確認無しで取引ができるので登録後に素早く利用できます。

ビットコインのハードフォークコインは全て取り扱うことを公言していたりと、ユーザビリティにも優れています。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) 0.1%
売買手数料(アルトコイン) 0.1%
入金手数料 無料
出金手数料 0.0005BTC

売買手数料は一律0.1%と世界的には最安値となっています。さらに自社で発行しているBNBという仮想通貨建ての取引なら0.05%まで下がるのでさらにお得です。

2位.Bibox

Bibox(ビーボックス)も中国系の取引所で、比較的新しい取引所でもあのですが注目度が急上昇中です。

Binanceととてもよく似たシステムの取引所で、独自発行しているBIXという仮想通貨建の取引なら売買手数料が半額になる点も同じです。

下記の表をご覧いただければわかるように、手数料の価格設定はBinanceと全く一緒です。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) 0.1%
売買手数料(アルトコイン) 0.1%
入金手数料 無調
出金手数料 0.0005BTC

取り扱っている仮想通貨の数が82種類とやや少なめなので、今回は2位とさせていただきましたが、間違いなく業界最安値の手数料と言えるでしょう。

3位.KuCoin

KuCoin(クーコイン)は香港発の取引所で、2017年の9月設立と比較的新しい取引所であるにも関わらず、取引量が世界20位以内に入るほど急成長しています。

こちらの取引所は、海外取引所としては珍しくHPが日本語に対応しています。初めての海外取引所を利用するユーザーにもお勧めです。

さらに世界的にも珍しいNEO建ての取引が可能となっているので、NEOを保有しているユーザーにはとりわけお勧めです。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) 0.1%
売買手数料(アルトコイン) 0.1%
入金手数料 無料
出金手数料 0.0005BTC

KuCoinの売買手数料もとても良心的です。Binanceと全く同じなのですが、独自仮想通貨のKCS建ての取引における売買手数料が0.7%とBinanceよりも高めなので3位とさせていただきました。

4位.HitBTC

HitBTC(ヒットビーティーシー)は、イギリス発の取引所です。設立は2013年と仮想通貨取引所としては老舗とも言えるため信頼度は十分高いです。

200種類以上という豊富な取り扱い仮想通貨数が魅力で、マイナーなアルトコインからICO直後のトークンも上場しているため玄人ユーザーからの支持率が高いです。

そして、注目すべきは「マイナス手数料」を採用している点です。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) Maker:0.1%

Taker:−0.01%

売買手数料(アルトコイン) Maker:0.1%

Taker:−0.01%

入金手数料 無料
出金手数料 0.00085BTC

上記の表を見ればわかるように、Taker(指し値注文)の手数料がマイナスとなっています。つまりは、指し値注文をすればキャッシュバックがあるということです。

出金手数料が割高なため4位とさせていただきましたが、独自のメリットと言えるでしょう。

5位.COINEXCHANGE

(コインエクスチェンジ)は2016年に設立された新気鋭の仮想通貨取引所で、「草コインの宝庫」と呼ばれています。

取り扱い仮想通貨数が500種類以上と業界でもトップクラスの数を誇り、ここでしか購入できないマイナーなコインが購入できる点が魅力です。

本人確認なしでも取引できるので、登録後すぐに取引できます。ただ、全体の取引量が少ないのが難点です。

種類 手数料
売買手数料(ビットコイン) 0.15%
売買手数料(アルトコイン) 0.15%
入金手数料 無料
出金手数料 0.005BTC

上位4つの取引所と比べると少々割高なので5位とさせていただきましたが、平均すると0.2〜0.25%程度であることが多い仮想通貨取引所の中では、十分割安と言えます。

仮想通貨取引所の手数料一覧

最後にこれまでご紹介した取引所の手数料を一覧表記にしてまとめましたので、比較してみてください。

取引所 取引(ビットコイン) 取引(アルトコイン) 入金 出金 取り扱いコイン数
DMMBitcoin 無料 無料 無料 無料 7
BitPoint 無料 無料 無料 無料 5
Liquid by Quoine 無料 無料 無料 日本円:500円
仮想通貨:無料
5
bitbank 無料 無料 無料 日本円:500/756
仮想通貨:有料(ランキング参照)
6
GMOコイン Maker:無料
Taker:0.1%
Maker:無料
Taker:0.1%
無料 無料 1
Binance 0.1% 0.1% 無料 0.0005BTC 120
Bibox 0.1% 0.1% 無料 0.0005BTC 82
KuCoin 0.1% 0.1% 無料 0.0005BTC 68
HitBTC Maker:0.1%
Taker:−0.01%
Maker:0.1%
Taker:−0.01%
無料 0.00085BTC 200
CoinExchange 0.15% 0.15% 無料 0.005BTC 500

まとめ

手数料は、頻繁に売買を繰り返すユーザーや、多額の資金を仮想通貨に投資するユーザーの場合はとても重要です。

しかし、そうでない場合は必ずしも重要とは言えません。特に初心者でお試しで購入してみたいといったような方なら、使いやすさや取り扱っているコインの種類といったような点を重要視するべきでしょう。

この記事を執筆した人

野崎隆央

野崎隆央

仮想通貨・株・為替などをメインに執筆しているフリーライター。これまではFXをメインに投資していたが、市場の広がりとともに、仮想通貨の投資も開始。調べた知識だけでなく、自身の投資経験に即した実践的なノウハウの執筆を得意とする。

株・仮想通貨の投資経験があるライターによる執筆記事のみを掲載。「投資をもっと簡単に」というミッションのもと、難しい投資情報を中立的に分かりやすく提供することを目指している。