【2019年】MyEtherWalletの使い方|初心者必見!

仮想通貨 最終更新日: 公開日:

トップ画

本記事では、イーサリアムやERC20トークンを保管出来るMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の概要・ウォレット作成手順・基本的な使い方まで紹介していきます。
今後MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を導入する際の参考にしてください。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは、イーサリアムやイーサリアムをベースとしたERC20トークンなどを保管出来るウォレットです。
同ウォレットはPC上で機能するデスクトップ型のウォレットであり、Web上に仮想通貨を保管するWebウォレットとは異なりデスクトップにソフトウェアをダウンロードして保管する事が出来ます。

なお、MyEtherWalletを運営するMyEtherWallet運営チームは主に10人のメンバーから構成されています。
開発チーム

出典:myetherwallet

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の取り扱い通貨の種類

MyEtherWalletではイーサリアムやそれをベースとしたERC20トークンの取り扱いがされており、逆にビットコインやリップルといった通貨には対応していません。なので、言わばイーサリアム専門のウォレットです。

そもそもERC20とは「Ethereum Request for Comments #20」の略であり、イーサリアムのブロックチェーンを用いて新たなトークンを作成するための技術仕様です。
このERCによって開発者はイーサリアムの基準に沿ったトークンを作成する事ができ、投資家も同じ仕様のトークンを単一のウォレットで一元管理できるメリットがあるのです。

なお、ERC20トークンで代表的なのが海外の取引所Binanceが発行するBNBトークンや、OmiseGO、0xなどが存在しています。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のメリット

MyEtherWalletのメリットですが、同ウォレットを利用する事で数多く存在するイーサリアムをベースとしたERCトークンを一括管理出来るようになります。
これによってトークン毎にバラバラに管理する必要が無くなりICOトークンの受け取りなどにも使えるので、そのマネジメントが効率的になります。

なので、ERCトークンやそれを使ったICOトークンなどを多く購入している方は必ず持っておきたいウォレットだと言えます。

また、MyEtherWalletは既存の取引所のように第三者に秘密鍵を預ける訳ではないので、中央サーバーのハッキングによる盗難が起こりにくくなっています。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方

では、以下よりMyEtherWalletの具体的な使い方について解説していきます。
MyEtherWalletは言語設定にて日本語に変更する事も出来るので安心して進められます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法

まずはトップページにアクセスして以下の赤枠からパスワードを9桁以上で設定して下さい。
MEWトップ画面

このパスワードはセキュリティの観点から非常に重要となってくるので、出来る限り簡単なものではなく桁数の長いものを作成する事をおすすめします。

次に「Keystore」をダウンロードするために以下の赤枠をクリックします。
keystoreダウンロード

このKeystoreはウォレットにログインするための鍵となり、後述する秘密鍵と同様に大切な鍵となるので紛失や他者との共有はしないようにしましょう。

次に進むと秘密鍵が表示されるので、メモしておくか、下記赤枠から秘密鍵を印刷して保管して下さい。
秘密鍵
なお、この秘密鍵も非常に大切なKeyとなるので流出しないように大切に管理しましょう。
また、この秘密鍵が流出すると自分の資産が盗難される恐れがあるので、秘密鍵はオンライン上での保管は避けてオフラインでの保管を心がけましょう。

次に以下の画面が表示されますが、ここでウォレットを開く方法を選択出来ます。
アンロック

ここでMetaMaskと呼ばれるブラウザウォレットや、Ledger Wallet、TREZORと呼ばれるハードウェアウォレットを保有している場合はそっちと連携した方がセキュリティ性は高いですが、該当しない場合は「Keystore」もしくは「秘密鍵」を利用してウォレット操作を実行しましょう。

この行為を「アンロック」と呼びますが、これに成功するとMyEtherWalletにて自分のアドレスを確認する事が可能となります。
アドレス画面

これでMyEtherWalletの作成は完了です。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の入金方法

次にMyEtherWalletの入金方法について見ていきます。
まずは上述した「ウォレットを開く方法」で自身のウォレット情報を表示させましょう。
それは下記の通り「お財布情報の確認」をクリックすれば操作出来ます。
入金

ここに表示されるアドレスとQRコード宛に他の取引所やウォレットから自分のETHやERCトークンを送付する事で入金する事が出来ます。
なお、同ウォレットではETHもERCトークンも同じアドレスとなります。

特別なICOトークン等の追加方法

このMyEtherWalletはERCをベースとしたICOトークンの受け取り用ウォレットとして多く用いられています。
ですが、新規のICOトークンなどでは同ウォレットに対応していない事があるので、それらを「カスタムトークン」として登録する必要があります。

その方法として、自分のお財布情報のページにある「トークン残高」の中の「カスタムトークンを追加」をクリックして下さい。
カスタムトークン追加

次に下のように「トークン契約(コントラクト)アドレス」「トークンシンボル」「桁数」と表示されている空欄にそれぞれ入力する必要があるのですが、画面上に表示されているEtherscanにアクセスしてその詳細をチェックしましょう。
カスタームトークン登録画面

Etherscanでは以下のように、右上の検索窓から通貨をサーチしてその詳細を確認出来ます。
Etherscan

今回BNBトークンを例としていますが、上の赤線上のある通り、「Contract Address(コントラクトアドレス)」と「Decimals(桁数)」を確認して入力して下さい。
なお、トークンシンボルはBNBトークンの場合は「BNB」です。

そしてこれらを全て入力して保存すれば登録完了です。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の送金方法

次に送金方法ですが、以下の通り「Ether/トークンの送出」をクリックして「送金先のアドレス」「送金する通貨の数量」「ガスリミット(トランザクション手数料)」をそれぞれ入力して下さい。
送金画面

なお、このガスリミットについてはイーサリアムのブロックチェーン上で燃料代として支払う手数料の容量を表しています。

これらはGAS手数料と言うのですが、上記の画面上にあるガスリミットとは別にGAS手数料の価格を設定しておく必要があります。
それを高く設定する事でトンランザクションの承認が速くなり、逆に低く設定すると遅くなります。

このGAS手数料の価格単位は「Gwei」と表記され1Gweiは0.000000001ETHとなっており、その価格調整はページ右上から行う事が可能です。
ガス価格

なお、これはイーサリアムのトランザクション状況や自分の送金額等によって変化するため、余分のETHを保有しておく必要があるので注意しておきましょう。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のメリット・デメリットのまとめ

メリット

  • ERCトークンを一元管理する事ができ、ICOトークンなども保管する事が出来る。
  • 秘密鍵を中央サーバーに保管しないので取引所に預けるよりもセキュリティ性が高い。

デメリット

  • 自己管理が求められる分秘密鍵を紛失すると資産を失う恐れがある。
  • 日本の取引所やウォレットサービスとは異なり、操作がやや難しい点がある。

以上がMyEtherWalletについてでしたが、同ウォレットはイーサリアムベースのトークンを保有するユーザーにとっては必須のウォレットだと言えるでしょう。
また、同ウォレットはデスクトップだけではなくスマホ版のサービス「MEWconnect」をリリースする予定とされており、更にユーザーインターフェイスや利便性が高まりそうです。

MyEtherWalletを利用したい方はこちら

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー