【2019年】SBIバーチャル・カレンシーズの登録~使い方を解説

仮想通貨 最終更新日: 公開日:

トップ画面

本記事では、日本の仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の概要・登録手順・基本的な使い方まで紹介するので、今後の導入の参考にしてください。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)とは

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)とは、2018年7月に新規口座開設の受付が開始された仮想通貨取引所であり、その運営会社である「SBIバーチャルカレンシーズ」は日本の大手インターネット金融グループである「SBIホールディングス」の子会社です。
同取引所は2017年9月に仮想通貨交換業登録を取得し、2018年6月より先行者予約者向けのサービスのみ開始していたのですが、7月以降遂に一般向けの口座開設受付がスタートしました。

決算説明資料

出典:SBIグループ決算発表会 説明資料

さて、仮想通貨取引をする際にどの取引所を選ぶかに関してですが、その判断基準は主に
「取り扱い通貨の種類」「手数料」「使いやすさ」「セキュリティ」の4つです。
これらを自分の優先度に応じて比較しましょう。
また、その取引所にしかない独自の特徴も押さえておけば、より自分に合った取引所の選択が出来るようになります。
では、SBIバーチャルカレンシーズの具体的な特徴を見ていきましょう。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の取り扱い仮想通貨

2018年8月現在、SBIバーチャルカレンシーズで取り扱いされている仮想通貨は「リップル(XRP)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「ビットコイン(BTC)」の3種類であり、現状それらは取引所形式ではなく販売所形式での取引となっています

取り扱い銘柄
販売所形式とは、運営側の取引所が持っている仮想通貨を直接的に売買する相対取引です。
例えば、日本円とドルを両替する外貨両替所は「販売所」に近い形態だと言えます。
一方取引所形式とは販売所とは異なり、取引所を利用してユーザー同士が仮想通貨を取引します。
これらの2つの取引方法の違いによって、後述する手数料の見方も変わってきます。

販売所と取引所の違い

なお、今後は販売所形式のみならず取引板を用いた現物取引のサービス開始する予定とされており、イーサリアム(ETH)の取り扱いも開始される予定となっています

また、SBIグループではアメリカのリップル社とのジョイントベンチャー「SBI Ripple Asia」が設立されており、SBIグループはリップル社に11%の出資を行なっています
それによってXRPの価値向上は企業価値の向上にも繋がる為に、今後もXRPが主流に取り扱われる期待は高いと言えます。

そして、SBIグループでは新たな決済インフラとして地域の企業が独自通貨を発行する為のインフラである「Sコインプラットフォーム」を構築しており、今後は独自通貨「Sコイン」が発行される見通しです。

Sコインプラットフォーム
出典:SBIグループ決算発表会 説明資料

そのSコインも、もしかすると同取引所で取り扱いされるようになるかもしれません。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の手数料

SBIバーチャルカレンシーズの取引に掛かる手数料ですが、取引手数料自体は無料となっており、販売所での買値と売値の差額である「スプレッド」が実質的な手数料となります

スプレッド比較
出典:SBIグループ決算発表会 説明資料

同社は業界最狭水準のスプレッドを狙っており、上記の資料を見るとそのスプレッドは大幅に狭くなっている事が分かります。

XRPのスプレッド

出典:SBIバーチャルカレンシーズ

実際にXRPのスプレッドをリアルタイムで見てみると、買値が32.3円、売値が31.0円なのでおよそ4%となり、同様に販売所形式でXRPを取り扱うGMOコインよりも低水準となっています。
このスプレッドは日々値動きによって変動するので注視しておきましょう。

また、入金・出金に関する手数料は以下の通りです。

入出金の手数料
出典:SBIバーチャルカレンシーズ

出金の際は住信SBIネット銀行以外だと3万円未満で165円、3万円以上で258円掛かるので注意しておきましょう。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の使いやすさ

SBIバーチャルカレンシーズはシンプルで見やすいユーザーインターフェイスとなっています。

SBIVCのUI
なお、現状SBIバーチャルカレンシーズは販売所形式なので取引も至ってシンプルで初心者でも感覚的にわかるようなデザインとなっています。

SBIVCのUI2

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)のセキュリティ体制

SBIバーチャルカレンシーズでは2018年1月に起こったコインチェックの盗難事件以降、一層強固なセキュリティ体制の構築に時間を注いできました。
内部犯行への対策やサイバー攻撃への対策は勿論、コールドウォレットによる顧客資産の管理や、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てするマルチシグでの秘密鍵管理などを同取引所では徹底しています。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の口コミ・評判

では、SBIバーチャルカレンシーズの口コミや評判を見て行きましょう。
取引画面の見やすさや住信SBIネット銀行との連携のしやすさが良いといったTweet。

クイック入金も早いようですね。

 

なお、現状SBIバーチャルカレンシーズは仮想通貨の入出金が出来ず入出金は日本円のみという事から、その利便性の低さを訴える声もありました。

仮想通貨の入出金についてはいずれ可能になる可能性は高いですが、同取引所もセキュリティ性を何よりも重視しており、徐々に進めているのだろうと推測します。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の登録ステップ

では、SBIバーチャルカレンシーズの登録手順を紹介していきます。

基本情報を入力

まずはトップページから「口座開設」をクリックしてアドレスを入力して規約に同意しましょう。

新規登録画面
次に登録したアドレス宛にメールが送信されるので確認してメール内のURLをクリックしましょう。

メール確認画面
下記メールからURLをクリックします。

メール画面
次にパスワードを設定しましょう。
以下の画面にてパスワードを設定指定ください。

パスワード設定
その後は契約締結前交付書面や取引約款などがPDF形式で表示されるので、確認後チェックを入れて次へ進んで下さい。

PDF書面の確認画面

そして次は個人情報の入力です。
以下のフォームに沿って入力を進めましょう。

基本情報の入力画面
全て入力すると次は本人確認へと移ります。

本人確認書類のアップロード

その後は本人確認書類のアップロードへと移ります。

本人確認書類のアップロード

こちらから本人確認書類をWebアップロードにて送付します。
運転免許証やパスポート、マイナンバーカード等のいずれかの書類をアップロードして下さい。

その後は職業情報や財務情報をそれぞれ入力して登録情報を提出しましょう。

職業・財務情報入力画面
最後に取引に関する注意事項を確認してチェックしましょう。

同意事項確認画面
登録が完了すると簡易書類郵便が送付されるので忘れずに受け取りして下さい。

本人確認完了画面

二段階認証の設定方法

次に二段階認証の設定方法ですが、ログイン後「口座管理」を選択して「お客様情報」から「二段階認証」の変更をクリックします。

 二段階認証の設定
次に下記の通り読み取り用のQRコードが表示されるので、スマホの二段階認証アプリ「Google Authenticator」から読み取りしましょう。
アプリからQRコードを読み取ると6桁の認証コードが表示されるのでそれを上記の空欄へ入力して下さい。
入力後「変更する」をクリックすると設定が完了します。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の基本的な使い方

最後にSBIバーチャルカレンシーズの基本的な使い方を見ていきます。
初心者でもこれを見れば一目で分かるように解説しています。

資産の確認方法

資産の確認方法ですが、ホーム画面上部にて総資産額・買付余力・仮想通貨の残高を確認する事が出来ます。

資産残高の確認

入金・出金の方法

次に入出金についてです。
上述した通り現状SBIバーチャルカレンシーズでは仮想通貨の入出金は出来ず、日本円のみの入出金となっています
まず入金する方法ですが、入金する際には住信SBIネット銀行の口座が必要です。
ログイン後「入出金」を選択して「クイック入金」をクリックします。

入金画面
その後は住信SBIネット銀行のページへ進むので、ログインしてクイック入金の手続きを完了させましょう。
入金後は入金履歴に反映されるので確認しておいて下さい。

次に出金ですが、「出金」をクリックして出金先の銀行口座を登録しましょう。

出金画面
次に下記のフォームから出金先の用いる銀行を登録して下さい。

登録後は出金額を入力して「日本円を出金する」をクリックして完了しましょう。

買い注文・売り注文の方法

SBIバーチャルカレンシーズでは現状販売所取引のみであり、チャートもローソク足やテクニカル分析の機能はなく、「チャート」の部分をクリックするとシンプルなチャートを見ることが出来ます。

簡易チャート
さて、売買注文に関する方法ですが比較的簡単であり、「日本円の金額」もしくは「XRPの数量」のいずれかから購入したい量を決めて下さい。

注文画面

自身で価格を設定して購入したい場合は「価格指定」を選択して下さい。
最後に再確認してから「コインを買う」「コインを売る」をクリックしましょう。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)のメリット・デメリットのまとめ

メリット

  • 取引操作が簡単で初心者でも利用しやすい。
  • スプレッドが業界最狭水準となっており、低いスプレッドでXRPを購入出来る。

デメリット

  • 現状「取引所形式」ではなく「販売所形式」の取り扱いのみ。
  • 仮想通貨の入出金が現状不可能

以上がSBIバーチャルカレンシーズについてでしたが、SBIグループは証券・FX・銀行で合計700万ユーザーを抱える巨大金融コングロマリットです。
なのでSBIバーチャルカレンシーズでは特にセキュリティ面の強化対策を行なっており、既存の顧客基盤を見ればその信頼性はとても高い事が分かるでしょう
また、今後はそれらの顧客基盤を活かしたグループシナジーにも期待出来ます。

比較的緩やかなペースで進んでいる取引所ですが、大手の信頼の下で安心して取引したい場合はSBIバーチャルカレンシーズがおすすめです。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)に登録したい方はこちら

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとしてキャッシュレス決済に関する研究を続けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。

jcbバナー