RIPEMD-160

仮想通貨 公開:2018-07-01 最終更新:2019-05-28

RIPEMD-160は、RIPEMDのハッシュ長が128ビットなのに対して、改良を加えて160ビットにしたハッシュ関数事です。
RIPEMDとはRACE Integrity Primitives Evaluation Message Digestの略です。
ビットコインではハッシュを多用しており、RIPEMD-160とSHA-256を使っています。
ブロックチェーンには、これらハッシュは必ず必要な技術であり、データをハッシュに変換すると元データにもう一度変換する事はできません。
パスワードなどによく使われるハッシュは、漏洩した場合でもデータの復元ができずに安全性を保つことができます

この記事を執筆した人

CoinWith 編集部

CoinWith 編集部

キャッシュレスサービスを自ら使い、最新情報に精通した編集部の監修のもと記事を制作。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレス情報を中立的に分かりやすく提供することを目指している。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。