Segwit(セグウィット)

仮想通貨 公開:2018-07-01 最終更新:2019-05-28

Segwitとは、Segregated Witnessの略で、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決する為に採用された方法の一つです。
今後、ビットコインの発展とともに取引が増えれば、必然的に処理しなければならないデータの量も増えてしまいます。
多くの取引をスムーズに行えるようにSegwitは活用されています。
取引に時間がかかる要因の一つは、ビットコインのブロックのサイズが小さい事。
Segwitは「ブロックのサイズを圧縮する」ことで対応します。
実際Segwitが導入された事により、ビットコインのスケーラビリティ問題に対して一定の成果が得られました。

この記事を執筆した人

CoinWith 編集部

CoinWith 編集部

キャッシュレスサービスを自ら使い、最新情報に精通した編集部の監修のもと記事を制作。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレス情報を中立的に分かりやすく提供することを目指している。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。