SHA-256

仮想通貨 公開:2018-07-01 最終更新:2019-05-28

SHA-256はブロックチェーンに使われているハッシュ関数の一つです。
任意のデータを、160ビットの長さの値に変換することができます。
また、一度変換したものを元のデータに変換することはできませんので安全性が保たれます。
その為、ビットコインのブロックチェーンでも、様々なところでハッシュ関数が使われているのです。
SHA-256はアメリカのNASAが開発しました。2001年にNISTに標準化されています。
計算速度と暗号学的な安全どちらのバランスにも優れていますので、最も活躍しているハッシュ関数と言われています。

この記事を執筆した人

CoinWith 編集部

CoinWith 編集部

キャッシュレスサービスを自ら使い、最新情報に精通した編集部の監修のもと記事を制作。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレス情報を中立的に分かりやすく提供することを目指している。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。