SPV(Simplified Payment Verification)

仮想通貨 公開:2018-07-01 最終更新:2019-05-28

SPVとは、Simplified Payment Verificationの略で、ブロックチェーンにあるデータをすべてダウンロードせずに、
ビットコインの取引が行える方法の事です。
ビットコインウォレットにも採用されています。
一番最初の取引履歴から遡って数10GBのデータをダウンロードしていると、多くの時間がかかってしまいますから
かなりの時間短縮が可能です。
主にスマートフォンでの取引などに生かされている技術です。

この記事を執筆した人

CoinWith 編集部

CoinWith 編集部

株・仮想通貨の投資経験のある編集部の厳しい眼を通った記事のみを掲載。「投資をもっと簡単に」というミッションのもと、難しい投資情報を中立的に分かりやすく提供することを目指している。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。