UASF(User Activated Soft-Fork)

仮想通貨 公開:2018-07-01 最終更新:2019-05-28

UASF(User Activated Soft-Fork)とは、ビットコインユーザーによるソフトフォークの事です。
ソフトフォークというのは、以前の仕様も使えるようにしながら修正する事を指しています。
Segwitがビットコインに実装されるようになったのも、ユーザーからの要望があったためで、UASFという事ですね。
ユーザーからのSegwitに対する要望が大きかったにも関わらずマイナー達がSegwitを採用しなかったために、マイナーへの不信感が募りUASFという方法が採用されたわけです。
政治的問題がビットコインに影響を及ぼさないようにするためには、マイナーの意思だけではなく、実際にビットコインのユーザーの意見が反映される事も、ビットコインの運営には必要なのです。

この記事を執筆した人

CoinWith 編集部

CoinWith 編集部

キャッシュレスサービスを自ら使い、最新情報に精通した編集部の監修のもと記事を制作。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレス情報を中立的に分かりやすく提供することを目指している。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。