XBT

仮想通貨 公開:2018-07-01 最終更新:2019-05-28

XBTとは、ビットコインの通貨の単位の事を指しています。
通常はBTCと表記するビットコインですが、一部海外などではXBTが用いられています。
単位としてどちらも同じですが、どちらの表記が正しい、というのは一概に言い切ることができません。
ビットコインができた当初はBTCという表記をしていました。
最初はこれで良かったのですが、ドル、円などと、様々な国のお金とビットコインが交換されるようになると問題出てきます。
お金の表記は、ドルがUSD、円がJPYと表されています。
国際的に定められているルールにより、最初の2文字は、国を意味して最後の1文字でその国の通貨を意味しているのです。
仮想通貨は国に所属していませんが、国の通貨ではない場合はXで表される事になっており、ビットコインもXBTと書かれる事になったという事です。

この記事を執筆した人

CoinWith 編集部

CoinWith 編集部

株・仮想通貨の投資経験のある編集部の厳しい眼を通った記事のみを掲載。「投資をもっと簡単に」というミッションのもと、難しい投資情報を中立的に分かりやすく提供することを目指している。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。