【2019年】スマホ決済アプリ13種類を比較|還元率が大きいのはどれ?

スマホ決済(キャッシュレス決済) 公開:2019-05-27 最終更新:2019-09-13

スマホ決済比較のメイン画像

本記事では、便利でお得なスマホ決済サービス全13種類の特徴や還元率を余すことなく徹底比較していきます!

  • どのスマホ決済が一番ポイント還元率が高いのか知りたい
  • 各スマホ決済サービスの特徴や開催中のキャンペーンを知った上で、自分に合ったものを利用したい

と考える方は、この記事を最後まで読めば上記の問題を全て解決する事ができます。是非最後まで読み進めてみてください。


PayPay1000円プレゼントバナー

目次

スマホ決済サービスを利用する際に何を基準に比較すれば良いの?

「現金で支払うのが面倒くさいからスマホ決済を取り入れたいけど、種類が多過ぎてどれを選べば良いのか分からない…。」

スマホ決済の普及が拡大する中、あなたもこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

それもそのはず、キャッシュレス化を促進している日本において、現在様々な事業者が「〇〇Pay」という名のスマホ決済サービスを提供し、各社で豪快なポイント還元キャンペーンを開催しています。

では、数あるスマホ決済サービスの中から、一体どのような基準で自分の使うべきスマホ決済を選べば良いのでしょうか?

スマホ決済を使う際には、主に以下5つの基準を軸に選ぶ必要があります。

  • 1.お得なポイント還元率が設定されているかどうか
  • 2.お得なキャンペーンが開催されているかどうか
  • 3.使えるお店が多いかどうか
  • 4.銀行口座やクレジットカードとの連携がしやすいか
  • 5.支払いをスムーズに済ませられるかどうか

1.お得なポイント還元率が設定されているかどうか

スマホ決済を選ぶ基準の一つ目が、お得なポイント還元率が設定されているかどうかです。

スマホ決済サービスでは、それぞれお得なポイント還元率が定められているケースが多いですが、還元率の高いもの程お得に決済できます。

還元率は各サービスによって様々ですが、現状特に還元率が高いのは「PayPay」などでしょう。

2.お得なキャンペーンが開催されているかどうか

2つ目が、お得なキャンペーンが開催されているかどうかです。

例えば、2019年5月まで開催されていたPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」は、最大20%の還元率を誇る超お得なキャンペーンとして話題を呼びました。※2019年5月23日時点、同キャンペーンは終了しています。

こういったキャンペーンを活用してよりお得に決済できるのであれば、それを利用しない手はありません。

なので、自分にとって有利なキャンペーンが開催されているかも、スマホ決済を選択する上での一つの判断基準となります。

また、現在であれば「楽天ペイ」にて楽天カードと連携すれば最大5%の還元が得られるお得なキャンペーンが開催されています!

3.使えるお店が多いかどうか

3つ目が、使えるお店が多いかどうかです。

高いポイント還元率を誇るスマホ決済であっても、自分が頻繁に行くお店で使えなければ不便ですよね。

そもそも、なぜ未だに多くの人が現金を使っているのかというと現金はどこに行っても支払えるからです。

なので、使えるお店が多ければ多い程、そのスマホ決済を利用する利便性は高いと言えるでしょう。

なお、使えるお店が特に多いスマホ決済サービスは、様々な電子マネーに対応している「ApplePay」や「GooglePay」などでしょう。

4.自分の持つ銀行口座やクレジットカードに対応しているか

4つ目が、自分の持つ銀行口座やクレジットカードに対応しているかどうかです。

基本的にスマホ決済を利用する際は、自分の銀行口座をアプリと連携して残高にチャージしたり、クレジットカードを登録して支払いしたりします。(※一部例外もあります。)

ですが、自分の保有している銀行口座やクレジットカードがアプリに対応していない場合はチャージ・支払いができません。

各決済アプリ毎に対応銀行やカードの種類は異なっているので、「自分が連携したい銀行口座やカードに対応しているかどうか」も重要な判断基準となります。

なお、「PayPay」や「LINE Pay」はいずれも約70にも及ぶ金融機関に対応されており、「ApplePay」も様々なクレジットカードに対応されています。

5.支払いをスムーズに済ませられるか

5つ目が、支払いをスムーズに済ませられるかどうかです。

各スマホ決済アプリによって、アプリの起動から支払いまでのプロセスが多少異なってますが、その支払いがスムーズにいかなければ支払いを便利に済ます事はできません。

今後スマホ決済を利用するユーザーが増加していけば、全体的にポイント還元率も低下し、一層「使いやすさ」が重視されるようになるでしょう。

なので、あなたが今後長期的にスマホ決済を利用していきたいのであれば、ポイント還元率よりも「利便性」を重視して検討した方が良いかもしれません。

なお、iPhoneをお持ちの方であれば、「ApplePay」は支払い画面を即座に起動し、端末にタッチするだけで支払いが完了するのでおすすめです。

スマホ決済(Pay系)サービスの還元率やキャンペーンを一覧表で比較

では、現在サービス展開されているスマホ決済全12種類の還元率やキャンペーンを一覧表で比較してみましょう。

「とりあえず、還元率が高くてお得なキャンペーンが開催されている決済アプリを使いたい」と考える方は、以下の一覧表を見て比較しながら選んでみてください!(※一覧表の情報はいずれも2019年9月時点のもの)

スマホ決済サービスの還元率を一覧表で比較

アプリ名 還元率
PayPay ・最大3%
LINE Pay ・0.5〜2%
メルペイ ・ポイント還元無し
楽天ペイ ・0.5%
au PAY ・0.5%
・auスマートパスプレミアム会員の場合は1.5%
d払い ・ネットでの利用で1%
・実店舗での利用で0.5%
ファミペイ ・0.5%
Origami Pay ・3%(※〜9/30)
Apple Pay ・ポイント還元無し
Google Pay ・ポイント還元無し
ゆうちょPay ・ポイント還元無し
セブンペイ ・0.5%
pring ・ポイント還元無し

 

スマホ決済サービスのキャンペーンを一覧表で比較

開催キャンペーン

食品スーパーで最大5%戻ってくる!

  • 9/1〜9/30の10:00〜14:00限定
  • PayPayが使える対象の食品スーパーが対象
  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザー・Yahoo!プレミアム会員は最大10%付与

PayPayはじめ特典

  • 新規登録から1週間以内の銀行口座登録でPayPayボーナス1,000円相当プレゼント

3社合同キャンペーン 毎週最大300円相当お得な5週間

  • 8/12〜9/15
  • 全国のセブンイレブンが対象
  • 期間中にPayPayで101円(税込)以上支払えば5週間で最大1,500円相当が付与

3社合同キャンペーン 毎週最大300円相当お得な5週間

  • 8/12〜9/15
  • 全国のセブンイレブンが対象
  • LINE Payで101円(税込)以上支払えば5週間で最大1,500円相当が付与

最大1億ポイントがもらえる!?「すすメルペイキャンペーン」

  • 8/30〜9/16で実施
  • キャンペーン期間中に招待コードを受け取った人がメルペイの「本人確認」を完了後、招待した人とされた人のそれぞれに1,000Pが付与される。

3社合同キャンペーン 毎週最大300円相当お得な5週間

  • 8/12〜9/15
  • 全国のセブンイレブンが対象
  • 期間中にメルペイで101円(税込)以上支払えば5週間で最大1,500円相当が付与

第2弾:楽天カードのお支払い分が最大5%還元

  • 7/1〜9/30で実施
  • 楽天ペイに設定した楽天カードの支払い分が期間中最大5%還元
  • 特典上限は一人につき最大5,000ポイントまで

楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント

  • 随時開催中
  • 楽天ペイを使ったことがないユーザー限定
  • 対象のコンビニorドラッグストア片方利用で400ポイント、両方の利用で800ポイントが付与
  • 両方の利用で800ポイントが付与

食べログ掲載店舗でau WALLETポイントが5%還元

  • 4/23〜9/30で実施
  • 食べログ掲載の対象店舗で5%分のau WALLETポイントが還元
  • auスマートパスプレミアム会員の場合は10%のポイント還元

三太郎の日は最大20%ポイント還元!

  • 9/3・13・23で実施
  • auスマートパスプレミアム会員なら20%相当のポイント付与

ミスタードーナツで総額1,000万円分のau WALLETポイント還元キャンペーン

  • 8/23〜9/30で実施
  • 決済額の10%分のau WALLETポイント還元

毎週おトクなd曜日~金・土曜日はdポイントが必ず3倍!最大6倍!~

  • 4/1〜で実施
  • キャンペーンにエントリーして金・土曜日にd払いで買い物するとdポイントが3倍付与される
  • さらに同月内の金・土曜日に3サイト以上の買い物でdポイントが6倍付与される

ファミペイ初回会員登録で無料クーポンプレゼント

  • 7/1より開始
  • FamiPayの新規登録で無料クーポンが付与
なし
なし

JCBでスマホ決済すると全員に20%キャッシュバックキャンペーン

  • 8/16〜12/15で実施
  • 期間中に登録したJCBカードで決済すると、利用金額の20%がもれなくキャッシュバック

食べログでQUIC Pay!対象店舗で最大15%OFF

  • 2018/9/19〜2019/9/19で実施
  • 対象店舗でApple Payに追加したQUICPayで支払いすると5〜15%が割引

JCBでスマホ決済すると全員に20%キャッシュバックキャンペーン

  • 8/16〜12/15で実施
  • 期間中に登録したJCBカードで決済すると、利用金額の20%がもれなくキャッシュバック

いつでもその場で最大3%OFFキャンペーン

  • 6/1〜9/30で実施
  • 銀行口座での支払いで3%還元(最大割引額3,000円)
  • クレジットカード/デビットカードでの支払いで2%還元(最大割引額2,000円)

はじめてのお支払いで500円OFFクーポンプレゼント

  • 〜9/30で実施
  • Origamiアプリではじめてお支払いをすると500円OFFクーポンをプレゼント。

しんきんの口座を登録すると先着5万名に300円OFFクーポンをプレゼント

  • 〜9/30で実施
  • Origamiアプリではじめてお支払いをすると500円OFFクーポンをプレゼント。

ゆうちょPayデビューキャンペーン

  • 5/8〜9/30で実施
  • ゆうちょPayに新規登録すると現金500円がプレゼントされる
  • クレジットカード/デビットカードでの支払いで2%還元(最大割引額2,000円)
なし
なし

各コンビニにおけるスマホ決済サービスの対応状況を比較

各コンビニにおけるスマホ決済サービスの対応状況を以下の一覧表でまとめています。

あなたが頻繁に利用しているコンビニで、該当するスマホ決済サービスが対応されているかはここでしっかりと確認しておいてください!※対応状況は2019年7月1日現在

還元率 セブンイレブン ファミリーマート ローソン ミニストップ セイコーマート ポプラ
最大3%
最大5%
なし
0.5%
最大1.5%
最大1%
0.5%
0.5% 終了 終了 終了 終了 終了 終了
なし
なし
なし
最大3%
なし
なし
なし

1:PayPay(ペイペイ)

運営企業 PayPay株式会社
ポイント還元率 ・最大3%
キャンペーン
  • 食品スーパーで最大5%戻ってくる!※9/1〜9/30
  • PayPayはじめ特典
  • 3社合同キャンペーン 毎週最大300円相当お得な5週間※8/12〜9/15
主な使えるお店 【コンビニ】
ファミリーマート、ローソン、セブンイレブン

【飲食】
上島珈琲店、牛角、かっぱ寿司、松屋、温野菜、PIZZA-LA

【居酒屋】
魚民、白木屋、笑笑、磯丸水産、千年の宴

【家電量販店】
エディオン、ケーズデンキ、ビックカメラ、コジマ、Joshin

※詳しくはこちら

対応している銀行口座 Yahoo!ウォレットに対応している約70の金融機関に対応
※詳しくはこちら
セキュリティ体制
  • SSL(Secure Sockets Layer)が用いられている
  • クレジットカードの登録に3Dセキュアが推奨されている

PayPay(ペイペイ)とは、PayPay株式会社が運営するスマホ決済サービスであり、大規模なポイント還元やキャンペーンによって利用者が急拡大している注目の決済アプリです。

PayPayは常時3%のポイント還元がある!

出典:PayPay

PayPayでは、「PayPay残高」「Yahoo!マネー」「Yahoo!JAPANカード」のいずれかの方法で決済する事で、最大で3%のポイント還元が得られます。

出典:PayPay

3%のポイント還元を受ける為の条件は上述した支払い方法に対応させるのみなので、数あるスマホ決済の中でもその還元率は最大級だと言えるでしょう。

随時お得なキャンペーンも開催中!

他にも、PayPayでは随時お得なキャンペーンが開催されており、2019年6月1日以降は20回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーンが開催されています。(※一回の支払いにおける付与上限は最大1,000円相当まで)

なお、9月以降は対象の食品スーパーで最大5%戻ってくるキャンペーンも開催されており、10時〜14時の時間帯にてPayPayの対象店舗で適用されます。

PayPayの決済手順

PayPayで決済する場合、アプリ起動後に以下の「支払う」をタップするだけでバーコード支払いの画面が表示されます。(コードを自分で読み取る支払い方法の場合はスキャン支払いをタップ)


PayPayはアプリを開けばすぐに支払いできるので、他のアプリと比較してもかなり使いやすい設計となっています。

2:LINE Pay(ラインペイ)

運営企業 LINE Pay株式会社
ポイント還元率 ・0.5〜2%
キャンペーン
  • 3社合同キャンペーン 毎週最大300円相当お得な5週間※8/12〜9/15
使えるお店 【コンビニ】
ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン
【飲食】
スシロー、上島珈琲店、松屋、スターバックス

【居酒屋】
白木屋、魚民、笑笑、千年の宴、金の蔵

【家電量販店】
ヤマダ電機、ベスト電器、ケーズデンキ、ビックカメラ

※詳しくはこちら

対応している銀行口座 約80の金融機関に対応

※詳しくはこちら

セキュリティ体制
  • 国際基準の暗号化システムが構築されている
  • QRコードに有効期限が毎回設定されている
  • ログインや決済の際には通知が届く
  • 強固なパスワード設定が可能
  • 10万円までの損失補償が受けられる
  • オートチャージ機能をオフにできる

LINE Pay(ラインペイ)とは、「LINE株式会社」が提供しているメッセージアプリ「LINE」にて提供されているキャッシュレス決済サービスであり、最大2%のポイント還元率を誇る注目の決済アプリです。

LINE Payは最大2%のポイント還元がある!

LINE Payでは「マイカラー基本ポイント」と呼ばれるシステムがあり、各グレードに応じてポイントの還元率が最大2%まで上がります。

出典:LINE Pay公式ブログ

※2018年8月1日以降、同アプリのQR/バーコード決済を利用する事で+3%のポイントが上乗せされるキャンペーンが開催されていましたが、2019年8月1日より停止されました。

▶︎LINE Payのポイント還元に関する詳細はこちら!

随時お得なキャンペーンも開催中!

LINE Payでは、随時お得なキャンペーンが開催されていますが、詳細はLINE Payの公式ブログから確認できます。

これまでLINE Payでは「全員にあげちゃう300億円際」や20%還元のある「Payトクキャンペーン」などといった大規模な還元祭が繰り広げられてきましたが、2019年8月12から9月15日までの間、全国のセブンイレブンにて3社合同キャンペーンが開催されます。

同キャンペーンはLINE Pay・PayPay・メルペイの三社合同で開催される予定であり、期間中にLINE Payで101円(税込)以上支払えば、5週間で最大1,500円相当が「LINE Payボーナス」で付与されます。

このチャンスを逃さないように、しっかりと準備しておいてくださいね!

▶︎LINE Payボーナスとは?その詳細はこちらで解説!

LINE Payは専用アプリで即座に決済可能!


LINE Payでの支払いは、LINE payの専用アプリから行う事でよりスムーズに進められます。

LINE Payの専用アプリはAppStoreGooglePlayからインストールが可能であり、アプリを起動するだけですぐに以下の画面へ移るので、支払うまでの設定がかなりスムーズでストレス無く決済が行えます。

▶︎LINE Payのメリットや使い方に関する詳細はこちら!

3:メルペイ

運営企業 株式会社メルペイ
ポイント還元率 ・ポイント還元無し
キャンペーン
  • 最大1億ポイントがもらえる!?「すすメルペイキャンペーン」※〜9/16
  • 3社合同キャンペーン 毎週最大300円相当お得な5週間※8/12〜9/15
使えるお店 iDが使える全店で利用可能

※iDが使えるお店についてはこちら

対応している銀行口座 約60の金融機関に対応

※詳しくはこちら

メルペイとは、フリマアプリでお馴染みの「メルカリ」内でリリースされたキャッシュレス決済サービスであり、メルカリで得た売上金をコード払いでアプリからコードで支払ったり、ApplePayに追加してiDで支払いしたりする事が可能です。

▶︎メルペイの「コード払い」に関する詳細はこちら!

▶︎メルペイの「iD支払い」に関する詳細はこちら!

メルペイは現状ポイント還元が設定されていない

2019年6月現在、メルペイでは通常のポイント還元は用意されていません。

なので、「支払い毎にポイントが還元されるスマホ決済を利用したい」と考えているような人には、現状メルペイには不向きかもしれません。

しかし、メルペイはApplePayに追加してiDに対応したお店で決済ができるメリットがあるので、その辺りのバランスを考慮しながら検討してみてください!

また、メルペイでは他にもお得なクーポンが随時配布されており、各対応店舗にて支払いの際に該当するクーポンを提示すれば会計の割引をしてもらえるようになります。

2019年5月現在だと、バーミヤンや、ローソン、ガストなどでクーポンが配布されているので、気になる方はアプリからチェックしてみてください。

メルペイはApplePayと連携すれば即座に支払いが可能!

メルペイはApplePayと連携する事が可能なので、お手元のiPhoneから即座に支払い画面を表示させる事が可能です。

また、メルペイは他のスマホ決済と同じように「コード払い」をする事もできるので、以下の手順でメルカリのコード払いに対応した店舗で決済してみてください。

▶︎メルペイのメリットや使い方についてはこちら!

4:楽天ペイ

運営企業 楽天ペイメント株式会社
ポイント還元率 ・0.5%
キャンペーン
  • 第2弾:楽天カードのお支払い分が最大5%還元※7/1〜9/30
  • 楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント
使えるお店 【コンビニ】
ファミリーマート、ローソン

【飲食】
松屋、上島珈琲店、PIZZA-LA

【居酒屋】
白木屋、魚民、笑笑、和民、千年の宴

【家電量販店】
エディオン、ケーズデンキ、Joshin

※詳しくはこちら

対応している銀行口座 チャージはクレジットカード・楽天ポイント・楽天キャッシュのみで銀行口座には未対応
セキュリティ体制
  • 二段階認証による不正防止の対策がされている
  • 支払いの都度パスコードの要求を設定することも可能

楽天ペイとは、楽天グループが提供するスマホ決済サービスであり、楽天グループ内のサービスである「楽天カード」や「楽天ポイント」などと連携して、便利にかつお得に決済する事が可能です。

楽天ペイは楽天カードを利用すればポイント1.5%還元!

楽天ペイは通常200円で1ポイント(0.5%)の「楽天ポイント」が付与されますが、その支払いに楽天カードを登録していれば、楽天カードでも100円の利用につき1ポイント(1%)が二重加算されるようになります。

なので、楽天カードと組み合わせれば合計1.5%の楽天ポイントをゲットする事ができるようになります。

楽天ペイのキャンペーンは?

出典:楽天ペイ

2019年7月1日〜2019年9月30日までの間、楽天ペイに設定した楽天カードの支払い分が期間中最大5%還元となるキャンペーンが開催されています。

既に楽天カードを持っている方であれば、このキャンペーンを通して楽天ペイを利用すれば、PayPayやLINE Payとも肩を並べるお得さで決済する事ができるようになります。

出典:楽天ペイ

楽天ペイの支払い方法

楽天ペイのアプリを起動後、画面上にすぐQRコードが表示されるので、支払い時はこの画面を店員さんに提示して画面を読み取ってもらってください。

また、反対にお店のQRコードを読み取りする場合は「QR読み取り」をタップして、QRコードリーダーを表示させてください。

▶︎楽天ペイの使い方やメリットに関する詳細はこちら!

5:Apple Pay(アップルペイ)

運営企業 Apple Inc.
ポイント還元率 ・ポイント還元無し
キャンペーン
  • 食べログでQUIC Pay!おトクにグルメを楽しもう!対象店舗で最大15%OFF※〜9/19
  • JCBでスマホ決済すると全員に20%キャッシュバックキャンペーン
使えるお店 iD、QUICPay、Suicaなどに対応しているお店で利用可能
対応している銀行口座・クレジットカード iD、QUICPay、Suicaなどに対応したクレジットカード

※デビットカードや銀行口座をApple Payと連携させる事は不可

ApplePayとは、2016年より日本で開始されたキャッシュレス決済サービスであり、iPhoneやAppleWatchなどから自身のクレジットカードや電子マネーを使って決済する事ができます。

▶︎ApplePayのメリットや使い方に関しての詳細はこちら!

Apple PayはiPhoneからスムーズに支払いする事が可能!

ApplePayは他のスマホ決済アプリとは異なり、自身のクレジットカードやSuicaなどの電子マネーを使って支払います。

なので、他のスマホ決済サービスにある「ポイント還元」のようなシステムは現状ありませんが、以下に対応している全ての店舗で利用できるので、その利便性の高さは他のスマホ決済と比較しても最大級と言って良いでしょう。

出典:Apple

Apple PayはSuicaの定期と連携する事も可能!

ApplePayでは、代表的な交通系電子マネーの「Suica」にも対応しており、ApplePayに読み込まれた「Suica」を使って駅の改札をくぐり抜けることが可能です。

出典:Apple

なので、今までSuicaのICカードを使って通勤していた方でも、ApplePayを利用すれば決済も改札も全てスマホ一つで完結するようになります!

▶︎ApplePayをSuicaと連携させるメリットや使い方に関しての詳細はこちら!

今ならJCBカードWと組み合わせれば20%のキャッシュバックが受けられる


そして、今ならApple Payに「JCBカードW」を組み合わせることで、20%のキャッシュバックを得られるキャンペーンが開催されています。

同キャンペーンは12月15日までの期間限定キャンペーンなので、少しでもお得に決済をしていきたい人は、以下のリンクから詳細を確認してみてください!

▶︎Apple Payと組み合わせてお得なJCBカードWの詳細はこちら!

6:Google Pay(グーグルペイ)

運営企業 グーグル・ペイメント合同会社
ポイント還元率 ・ポイント還元無し
キャンペーン
  • JCBでスマホ決済すると全員に20%キャッシュバックキャンペーン
使えるお店 Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayに対応している全てのお店で利用可能

※詳しくはこちら

対応している銀行口座・クレジットカード JCB、JACCS発行のクレジットカード、またはKyash、LINE Payカード

※銀行口座をGooglePayと連携させる事は不可

GooglePayとは、Googleが開発するAndroid向けのスマホ決済サービスであり、2018年2月に「AndroidPay」と「Googleウォレット」が統合されて誕生しました。

GooglePayは様々な電子マネー決済に対応

GooglePayは様々な電子マネーに対応していますが、その種類はnanacoやEdy、WAONなどと様々であり、iPhoneのApple Payを超えています。

なお、GooglePayはSuicaにも対応しているので、日々の通勤をスマホ一つで効率化させる事も可能です。

▶︎GooglePayの公式サイトはこちら!

今ならJCBカードWと組み合わせれば20%のキャッシュバックが受けられる


また、Apple Payと同様で、Google Payに「JCBカードW」を組み合わせることで、20%のキャッシュバックが得られます。

同キャンペーンは12月15日までの期間限定キャンペーンなので、少しでもお得に決済をしていきたい人は、以下のリンクから詳細を確認してみてください!

▶︎Google Payと組み合わせてお得なJCBカードWの詳細はこちら!

7:au PAY

運営企業 KDDI株式会社
ポイント還元率 ・0.5%

・auスマートパスプレミアム会員の場合は1.5%

キャンペーン
  • 食べログ掲載店舗でau PAYを使うとau WALLETポイントが5%もらえるキャンペーン!※〜2019年7月31日
  • 三太郎の日は最大20%ポイント還元!
  • ミスタードーナツで総額1,000万円分のau WALLETポイント還元キャンペーン
使えるお店 【コンビニ】
ローソン、ミニストップ、ポプラ

【飲食】
松屋、松のや

【居酒屋】
魚民、目利きの銀次、山内農場

【家電量販店】
ケーズデンキ、エディオン、ビックカメラ、コジマ、Joshin、ヤマダ電機

※詳しくはこちら

対応している銀行口座 じぶん銀行のみ(※クレジットカードや現金、au かんたん決済からもチャージが可能)

au PAYとは、auユーザー向けの「au WALLETアプリ」から支払いができるスマホ決済サービスであり、auユーザー以外も利用できる決済アプリです。

au PAYは自分のau WALLETに貯めていたau WALLET残高やポイントを決済に利用する事が可能です。

au PAYはスマートパスプレミアム会員であればポイント1.5%還元!

au PAYのポイント(au WALLETポイント)還元率は通常0.5%ですが、auスマートパスプレミアム会員の場合はそのポイント還元率が1.5%となります。

なので、現在auユーザーで月額499円のauスマートパスプレミアム会員に加入しているような方は、このau PAYを更にお得に使う事ができるでしょう。

au PAYで開催されているキャンペーンは?

出典:食べログ

2019年9月30日までの間、食べログの特集ページに掲載されている対象店舗でau PAYを使って決済すると、通常のポイント還元に加えて5%分のau WALLETポイントがもらえます!(auスマートパスプレミアム会員の場合は10%)

au PAYでの支払い方法

au PAYで支払う場合、まずau WALLETのアプリを開いて「au PAY」をタップし、次に表示される決済用コード画面をお店で提示します。

他のスマホ決済アプリと比較して、支払い画面を起動するまでにやや操作が必要な部分もありますが、au WALLETに付随しているので管理が楽だといったメリットもあるでしょう。

8:d払い

運営企業 株式会社NTTドコモ
ポイント還元率 ・ネットでの利用で1%
・実店舗での利用で0.5%
キャンペーン
  • 毎週おトクなd曜日〜金・土曜日はdポイントが必ず3倍!最大6倍!〜※4/1〜
使えるお店 【コンビニ】
ローソン、ファミリーマート【ドラッグストア】
ウェルシア、スギ薬局、レディ薬局、マツモトキヨシ

【家電量販店】
ビックカメラ、ケーズデンキ、エディオン、Joshin

【グルメ】
上島珈琲店、TGIフライデーズ、和民

※詳しくはこちら

対応している銀行口座 電話料金合算払い・クレジットカード

※銀行口座からのチャージ機能は今後実装される予定

セキュリティ体制
  • ドコモユーザーは回線認証が適用される
  • ドコモユーザー以外もdアカウントによって厳重に管理される

「d払い」とは、ドコモによって提供されているスマホ決済サービスであり、ドコモの回線を契約していなくても登録して利用できます。

なお、d払いはネット上でAmazonの決済にも利用できるので、Amazonのヘビーユーザーには特におすすめのスマホ決済アプリです。

d払いのポイント還元率

出典:d払い

d払いでは、ネットでの支払いの場合100円の買い物につきdポイントが1ポイント(1%)、そして実店舗での支払いの場合200円につき1ポイント(0.5%)が貯まるようになっています。(※1ポイント=1円で利用可能)

また、d払いを使えばアプリ上で貯めたdポイントをそのまま利用する事もできるので、以前からdポイントを貯めていたような人にはおすすめです!

d払いで開催されているキャンペーンは?

毎週金曜と土曜日に、ネット上でd払いを使って買い物をすればdポイントが3倍、さらに3サイト以上の買い物でdポイントが合計6倍ゲットできます。

出典:d払い

こちらのキャンペーンは毎月公式サイトからエントリーが必要なので、気になる方はキャンペーンページを確認してみてください。

▶︎d払いのメリットや使い方に関する詳細はこちら!

9:FamiPay(ファミペイ)

運営企業 株式会社ファミリーマート
ポイント還元率 ・0.5%
キャンペーン
  • ファミペイ初回会員登録で無料クーポンプレゼント
使えるお店 ファミリーマート、ネット通販「Kaema」
※2019年7月現在
対応している銀行口座 現状未定
※ファミマ店頭での現金チャージ、もしくはファミマTカード(クレジットカード)で支払い可能
セキュリティ体制
  • 「SMS認証」や「FamiPay暗証番号」などが設定されている

ファミペイ(FamiPay)とは、お馴染みのコンビニエンスストアである「ファミリーマート」によって提供されるスマホ決済アプリです。

ファミペイは2019年7月1日からスタートしており、元々あったファミリーマートのアプリが「ファミペイ」という名でリニューアルする形となりました。

出典:ファミペイ

FamiPay(ファミペイ)のポイント還元率

ファミペイのポイント還元率は0.5%となっており、200円の支払いにつき1ポイントが付与されます。

ファミペイの還元率は他のスマホ決済サービスと比較して特段抜きん出ているとは言い難いですが、ファミペイにはポイント還元以外にもおトクなクーポンや、ゲーム・スタンプなどの機能が用意されています。

出典:ファミペイ

ファミペイのメリットに関する詳細はこちら!

10:Origami Pay(オリガミペイ)

運営企業 株式会社Origami
ポイント還元率 ・3%(※〜9/30)
キャンペーン
  • いつでもその場で最大3%OFFキャンペーン※6/1〜9/30
  • はじめてのお支払いで500円OFFクーポンプレゼント
  • しんきんの口座を登録すると先着5万名に300円OFFクーポンをプレゼント
使えるお店 【コンビニ】
ローソン、ポプラ、ミニストップ【飲食】
ケンタッキーフライドチキン、吉野家、松屋、TGIフライデーズ

【家電量販店】
ケーズデンキ、エディオン

対応している銀行口座 青森銀行、大垣共立銀行、みずほ銀行、三井住友銀行

Origami Payとは、株式会社Origamiが提供しているスマホ決済アプリであり、シンプルな使いやすさやお得な半額キャンペーンが好評です。

なお、2019年6月1日から2019年9月30日までの間、Origami Payを利用する事で最大3%のポイント還元を受けられるようになりました!

出典:Origami Pay

この機会に、最大3%ものポイントが還元されるOrigami Payも選択肢の一つとして入れておいてください!

▶︎Origamiのポイント還元に関する詳細や使えるお店についてはこちら!

11:ゆうちょPay

運営企業 ゆうちょ銀行
ポイント還元率 ・ポイント還元無し
キャンペーン
  • ゆうちょPayデビューキャンペーン(先着100万人登録で現金500円プレゼント)※〜2019年9月30日
使えるお店 ウェルシア、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキ、ベスト電器など

※詳しくはこちら

対応している銀行口座 ゆうちょ銀行

ゆうちょPayとは、ゆうちょ銀行が運営するスマホ決済サービスであり、代金の支払いは自分のゆうちょ銀行の口座から自動で即時引き落としされます。

このゆうちょPayは、2019年5月8日にスタートした新しいスマホ決済サービスなので、まだ使えるお店は多くありませんが、ゆうちょ銀行を頻繁に使う人にとって今後便利なスマホ決済へと進化していくでしょう。

ゆうちょPayは初回限定のお得なキャンペーンが開催中!

出典:ゆうちょ銀行

ゆうちょPayでは、2019年9月30日までの間、先着100万人限定で現金500円をプレゼントするキャンペーンを開催しています。

なお、ゆうちょPayのキャンペーンに申し込みする為にはAppStoreもしくはGooglePlayからアプリをインストールして初期設定を行う必要があるので、気になる方はなるべく早めに設定を完了させておきましょう!

▶︎ゆうちょPayの公式サイトはこちら!

12:7pay(セブンペイ)

運営企業 株式会社セブン・ペイ
ポイント還元率 ・0.5%予定
キャンペーン 7pay支払いでnanacoポイント2倍キャンペーン※7/1〜10/31
使えるお店 セブンイレブン
チャージに対応している銀行口座・クレジットカード セブン銀行・各種クレジットカード等

※追記:セブンペイは2019年9月30日を持ってサービスを廃止する予定です。

7pay(セブンペイ)とは、セブン-イレブン&アイ・ホールディングス傘下の「セブン・ペイ」が運営するスマホ決済サービスであり、2019年7月より開始されました。

なお、セブンペイのポイント還元率は200円につき1ポイント(nanacoポイント)の実質0.5%だと発表されており、100円につき1ポイントが付与されていたnanacoから改悪される形となります。

ですが、現在セブンペイでは通常の0.5%のポイント還元に加えてさらに0.5%のポイント還元が加算される『nanacoポイント2倍キャンペーン』を開催しています。

他にも、セブンペイの利用額に応じた「セブンマイル」が付与される予定となっているので、セブンペイを使えば使う程特典が大きくなるような仕組みが展開されていくようになるでしょう。

▶︎セブンペイの関するメリットや使い方の詳細はこちら!

13:pring(プリン)

運営企業 株式会社pring
ポイント還元率 ・ポイント還元無し
キャンペーン
  • 現状なし
使えるお店 キャナルシティ博多など、一部九州の大型商業施設で利用可能
対応している銀行口座 23の金融機関で対応
※詳しくはこちら

pring(プリン)とは、株式会社pringが運営するスマホ決済サービスであり、友達同士でお金を送金する事が可能なアプリです。

現状、pringは決済に使えるお店が少ない点がデメリットですが、送金手数料無料で友達にお金を送金したり、一度pringに入金した残高を銀行口座に無料で出金できるといったメリットもあります。

なので、気になる方は是非インストールして使ってみてください!

▶︎pringのメリットや使い方に関する詳細はこちら!

今最もお得なスマホ決済サービスは?

では、以上で紹介した12種類のスマホ決済サービスの中で、一体どれを利用していくのが一番お得なのでしょうか?

ポイント還元率や期間限定のキャンペーンも含め、今特にお得に活用できるスマホ決済サービスは以下の2つでしょう。

PayPay LINE Pay 楽天ペイ
還元率 最大3% 最大2% 0.5%(キャンペーン中は最大5%も可能)
キャンペーン 20回に1回の確率で残額戻ってくる(最大1,000円)※2019年6月1日〜 随時開催中 楽天カードのお支払い分が期間中ずーーっと実質最大5%還元!
こんな人はお得にポイント還元が受けられる! PayPay残高やYahoo!JAPANカードで決済する人 コード決済で月10万円以上決済できる人 楽天カードを保有している人

 

PayPayなら常時3%のポイント還元は固い!

「キャンペーンを毎回追いかけるのも面倒だし、安定したポイント還元を受けたい…。」

そう考える方は、PayPayの利用が最適でしょう。

現在PayPayは、そのお支払い方法を「PayPay残高・Yahoo!マネー・Yahoo!JAPANカード」のいずれかに選択する事で、常時3%のポイント還元を受けられます。

出典:PayPay

なお、毎月の付与上限は30,000円相当/月とされているので、毎月100万円までの買い物までは3%のポイント還元が適用されます。

なので、手堅く毎回の支払いで高いポイント還元を受けたい人はPayPayを使ってみてください!

LINE Payで月10万円以上決済するなら常時2%還元も実現可能

「今後スマホ決済を主流にたくさん決済していきたいから、とにかく高いポイント還元率が欲しい…。」

そう考える方は、LINE Payの利用が最適です。

LINE Payの還元率は、コード支払い促進キャンペーンで3%、そして「マイカラー基本ポイント」に応じて最大2%なので、MAXで2%のポイント還元が行われます。

なお、マイカラー基本ポイントは自身のLINE Payによる決済金額によって異なりますが、詳細は以下の通りです。

  • 《グリーン》決済金額:10万円/月
  • 《ブルー》決済金額:5万円~9万9,999円/月
  • 《レッド》決済金額:1万円~4万9,999円/月
  • 《ホワイト》決済金額:0円~9,999円/月

※引用:LINE Pay公式ブログ

上記のように、決済金額が月に10万円あればマイカラーが「グリーン」となって最大の2%還元を受けられます。

なので、毎月10万円以上LINE Payで決済できるという方はLINE Payが有力となり得ます。

▶︎LINE Payのポイント還元に関する詳細はこちら!

楽天ペイは楽天カードとセットで使えば5%還元が可能

楽天カードを保有していて高いポイント還元を受けたい方であれば、楽天ペイがおすすめです。

楽天ペイは、〜2019年9月30日までの間に楽天カードの支払い分におけるポイント還元が5%となるキャンペーンが開催されています。(※上限は5,000ポイントまで)

なので、キャンペーン期間中であればPayPayやLINE Pay以上のポイント還元を稼げる可能性もあります。

▶︎楽天ペイのキャンペーンへエントリーしたい方はこちら!

スマホ決済(Pay系)サービスの比較まとめ

スマホ決済サービスを選ぶ際の基準のまとめ

  • 1.お得なポイント還元率が設定されているかどうか
  • 2.お得なキャンペーンが開催されているかどうか
  • 3.使えるお店が多いかどうか
  • 4.銀行口座やクレジットカードとの連携がしやすいか
  • 5.支払いをスムーズに済ませられるかどうか

以上がスマホ決済サービスの比較でしたが、どの決済アプリも固有の特徴があり、それぞれに長所と短所があります。

なので、上記の選定基準を軸にして、あなたに合った決済アプリを使用してみてください。

また、現金を不要にするスマホ決済の普及は世界全体でも進んでおり、段々と「現金がいらない」社会へとシフトしています。

日本でも全面的にキャッシュレス化の促進が進められている中、多くの決済サービスによってお得なポイント還元やキャンペーンが開催されているこのタイミングで、あなたもスマホ決済に本格的に乗り込んでみては如何でしょうか。


PayPay1000円プレゼントバナー

この記事を執筆した人

Kenta Fujii

Kenta Fujii

フリーランスライター。 新卒でSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職し、現在はフリーランスとして主にキャッシュレス決済や仮想通貨に関するライティングを手掛けている。

スマホ決済・仮想通貨サービスの利用実績があるライターによる執筆記事のみを掲載。「お金の流れをなめらかに」というミッションのもと、キャッシュレスな世界の実現を目指して運営しています。